あのNHKが奨学金返済に困っている人を募集しています


NHK
8月中旬にNHKが放送した「貧困女子高生」が大炎上したのは記憶に新しい。
この件についてはnetgeekや片山さつき議員の暴走に始まり、最終的にはビジネスジャーナルがねつ造記事を書いたことで明後日の方向に話が吹っ飛んだ。
これにより、NHK記者が「こどもの貧困対策センター」に設立から関与しており利益相反行為ではないかという追及も行われないまま有耶無耶となっている。
その、NHKが懲りもせず今度は「奨学金返済に苦しむ人」を募集している。

(転送・転載・シェア歓迎)
 NHKのニュースで奨学金返済に苦しんでいる当事者を探していますので、ご協力をお願いします。
                大内裕和(中京大学)
 NHKテレビのニュースで、奨学金問題を取り上げます。そこで奨学…

大内 裕和さんの投稿 2016年9月20日

制度批判ありきで「困っている人」を募集するのは如何なものか。
本来は「奨学金に救われた人」も同時に取材する必要があるのに、「困っている人」に限定して取材対象を募集するのは「貧困女子高生」の二の舞では?

批判ありきの報道には真実味がない

この募集告知をしている人物は中京大学国際教養学部の大内裕和 教授である。
ブラックバイトや貧困に関する有識者で本も書いている。
こういった有識者に取材協力を求めるのは良いことであるが、取材対象を公然と「募集」するのは違和感を感じる。批判ありきでニュースが作られる現場を目の当たりにしたような印象で、物事の本質から論点がズレるような気もする。

どういった報じ方をするかは不明だが、大内教授が関わるならば、奨学金が悪いのではなく返済に窮する経済状態「貧困」が悪いという事を伝えて頂きたい。
ちなみにこの募集をシェアしている一人が増山麗奈である。
彼女は独立行政法人の仕組みも理解せず日本学生支援機構を「学生を借金漬けにして利益を出している」とねつ造した人物です。
先生の信用に関わることなのでブロックしておくことをお勧めします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

「誰に対しての謝罪か?」は「心のケアが」に次ぐ万能コメント

【ヤラセ】共産党都議団は豊洲地下重機搬入口の存在を知っていた

SNS・RSSフォロー

定期購読マガジン&メルマガ

最近の記事

  1. コロナに効く!朝日新聞デジタル「朝日新聞の正確な情報をご覧いただくことで新型コロナの不安やストレスを軽減、心身の健康維持の一助となる」
  2. 野党「緊急事態宣言が遅い」→維新・松井代表「無責任な野党は桜と森友、彼らこそ閉じこもって、もう出てこないで」
  3. 前川喜平「アパホテルにだけは泊まらない。思想感染地帯だから」→立憲・塩村あやか議員が「いいね」で賛同
  4. 蓮舫が本音投稿「感染拡大のための協力は惜しみません」→慌てて削除するも時すでに遅し・・・
  5. 枝野「立憲民主党はあなたです」→N国を除名された無所属候補が立憲民主党の選挙カーを用意して走り出す事態に
  6. 中国が日本のマスクを横取り?→アイリスオーヤマ「全量を日本に向けて輸出している」デマ発信源はモーニングショー
  7. おしゃべり蓮舫「今日から学校を一斉休校にするべきだった!宣言に躊躇入らない!」→1か月前の蓮舫「休校要請はすぐに撤回すべきだ!」
  8. 【動画】立憲・枝野会見で記者が暴言「志村けんは感染したくて出歩いた、感染拡大させた当事者で負の遺産みたいな面がある」→枝野困惑
  9. 立憲民主くんがデマ「布マスクの発注先は山口県のメーカー」→「安倍友優遇」名指しされた業者に苦情の電話が殺到
  10. 朝日新聞「安倍の布マスクは効果がない」→朝日新聞ショップ「布マスク 2枚3300円、マスク品薄下の救世主!」

最近の投稿

PAGE TOP