流行語大賞「日本死ね」はルール上選考対象外、鳥越氏も証言


流行語大賞に登壇する山尾志桜里
写真:山尾志桜里議員ツイッターより

「保育園落ちた日本死ね」

こんな汚言が流行語大賞にノミネートされ、トップテン入りをしている。

賛否両論あるこのワードだが、そもそも流行語大賞のルール上は選考対象外になるはずだったのに、政治的な意図でトップテンにねじ込まれた可能性が高くなっている。
2日、フジテレビ系列「バイキング」に出演した前選考委員の鳥越俊太郎氏も「表彰式に出られないものは大賞に選ばれない」と証言している。
過去にも受賞者が不明確な流行語がノミネートされてはいるが、今回の「日本死ね」に関しては発信者は投稿者であると明確になっているが、投稿者本人は完全なる匿名であり授賞式に出席する可能性はゼロである。これはルール上は絶対に大賞には選ばれないので、そもそも選考対象から外されるべきだ。

スポンサーリンク

自然発生と個人からの発信は違う

過去のノミネートを見ても、発信者が不明確で自然発生的に流行語となった場合に、誰が受賞するのかが話題になったことはある。流行語という性質上、最初に発した人物が不明である事が多く、自然に使用され巷にあふれる言葉がノミネートされることはよくあることだろう。

しかし、今回ノミネートされた「保育園落ちた日本死ね」は発信者は明確にされているが、本人が表にでることを拒否している。

受賞式では民進党の山尾志桜里議員が満面の笑みで出席しているが、この匿名ブログ自体が民進党関係者もしくは山尾議員自身が投稿したのではないかという疑念の声もある。
それに対して山尾議員は、あくまで「一般人の匿名投稿」として社会問題化させている以上は受賞者は山尾議員ではない。初期にこの匿名ブログを取り上げたとされるほかの面々も疑われたが、紹介したときにはすでに話題になっていたとして否定している。
当然ながら「自分ではない」と否定している方々は受賞資格がない。
あくまで発信者は「保育園落ちた人」であるが、表に立つことを拒否しながら、ことさらそれを政治利用する議員たちには一切の批判をしない不思議な人でもある。
筆者が調べた結果、少なくとも日本共産党の吉良よし子議員夫妻は意図的に保育園に落ちて不承諾通知を入手し、区の責任を安倍政権批判に転嫁していたことが判明している。

山尾志桜里議員が受賞式に出席したということは、発信者は山尾議員自身であるということになりますが、それで良いのでしょうか?
ツイッター投稿を検証すると、保育園落ちた人と山尾議員は別のクライアントから発信されており同一とは思えません。誰なんでしょう?

いずれにしても、受賞資格が無いとあらかじめ判明していた「保育園落ちた日本死ね」をトップテンにねじ込んだ選考委員の政治的意図は明らかだ。マスコミの事前調査でも「死ね」は流行語にふさわしくないいう声があり、圧倒的に下位であった。とにかく山尾議員を呼びたかったのでは?
そう思うのは筆者だけだろうか?

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

お台場「実物大ガンダム」撤去と見せかけて軍事転用?大地に立つ?

山尾先生、はてな株式上場直後に「保育園落ちた」紹介は問題では?





最近の記事

  1. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  2. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  3. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  4. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  5. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  6. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  7. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  8. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  9. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める
  10. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP