朝日新聞が前川喜平の提灯記事を書いていた!天下り問題で退任の日


辞任の前事務次官「違反の認識なかった」|日テレNEWS24
写真:日テレNEWS24

朝日新聞に『総理の意向』と記述された文章を持ち込み、5月25日夕方の記者会見で「文書、確実に存在している」と述べた前川喜平前事務次官が、まるでヒーローのように扱われているが、この人物は民進党の蓮舫代表に「絵に描いたような天下り」と批判され引責辞任した人物だということを忘れてはいけない。
この不自然な状態からして、朝日新聞が天下り問題発覚時から前川喜平前事務次官と接触していたのではないかと疑ってしまう。その疑念を裏付けるような朝日新聞の提灯記事が見つかった。
①2017年1月20日18時56分
「文部科学省の皆さんへ」前川次官が全職員あてにメール:朝日新聞デジタル
②2017年1月20日20時15分
「気は優しくて力持ちの文科省に」次官、全職員へメール:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

何故か文科省に甘かった朝日新聞

なぜ、朝日新聞が職員宛のメールを入手しているのか?

①の記事ではわざわざ前川喜平前事務次官が「同省トップ自ら国家公務員法に違反する行為をしただけに「深く反省する」とする一方、「弱い立場、つらい境遇にある人たちに手を差し伸べることは、行政官の第一の使命だ」として、特に性的少数者への支援を訴えた。」と、あたかも前川前事務次官が部下を庇う形で辞職し、人格者として性的少数者の事を気にかけている部分を強調している。

②の記事で公開されたメール内容は、多数のブログやツイッターに転載されLGBTへの理解者として左翼界隈に絶賛されている。

天下り問題発覚時はマスコミも蓮舫代表も、安倍政権の責任であるかのように責め立てておきながら、今度は前川喜平前事務次官を味方につけるような節操のなさを見せている。

最初に『総理の意向』を公にした朝日新聞の過去の記事を見返すと、他の新聞に比べて事実を淡々と述べるだけで、前川喜平前事務次官らに対する批判はほとんどないように感じる。社説でも、個人の責任よりも構造の責任を強調する中途半端な見解となっている。
参考:(社説)文科省天下り もたれ合いに切り込め:朝日新聞デジタル

まさか朝日新聞は、この時点で加計学園の問題を文科省側から取引材料として提供を受け、文科省を後にする前川喜平前事務次官を称える記事を書いていたなんてことはないですよね?

続報1→逆に危険!前川前事務次官が小中学生の学習支援「キッズドア」のボランティアに素性を隠して参加していた
続報2→出会い系バーの女の子達が前川前事務次官に激おこ!「何が貧困だふざけんな!」「退職金を店に置いていけ」

【引用方法】 引用は25%程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、差別的なコメントを集める目的での引用禁止、動画での転載お断り上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

三菱重工ビル(右)で起きた爆弾テロでは乗用車はつぶれ、路上一面にガラスが散乱した=昭和49年8月30日、東京都千代田区丸の内なぜかTBS金平茂紀が憤慨、連続企業爆破事件の大道寺死刑囚が死亡

記者会見で加計学園について述べる日本共産党小池晃書記局長共産党・小池晃「赤信号を青と迫られ赤と抵抗した仲間」ネット「青信号でも赤と言い張るのが共産党」と炎上

KSL公式番組!時事問題・ニュース

通知登録・フォローお願いします。

KSL-Live!ツイキャス

KSL-Live!ツイキャス



最近の記事

  1. 韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は純粋な活動を妨げないで!むしろ、Tシャツで原爆の被害を伝えた」
  2. 立憲民主党・市民クラブの今井雅人議員にブーメラン?公選法違反の巨大看板設置疑惑←誤解もあるので解説
  3. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  4. NHK「見てもいないのに見たことにされるネット広告の情報くれ!」←見てないNHKに受信料取られた
  5. 食い下がる朝日記者を麻生大臣がバッサリ「朝日新聞からみても厳しいだろう。厳しいと思っていないのか」
  6. 足立康史議員「蓮舫氏はじめ立憲民主の「問い合わせ不可」への異議申し立ての意味等も込めて通告した」
  7. BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
  8. 【BTS原爆T問題】津田大介さん「音楽に政治が持ち込まれた」←政治が絡んだという事実なし
  9. 夕刊フジの大スクープ!国民民主・大西健介議員が文科省汚職事件の霞が関ブローカーに国会通行証を貸与
  10. 蓮舫のイジメ質問 事前通告は実質無かった「質問レクなし、問い合わせ不可」の文書が見つかる




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP