続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開


続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開バナー

今治市への獣医学部新設を求め、内閣府に省庁の説得を要請していた民進党の高井たかし議員が、一度は消した過去のブログ記事を再度公開していることが判明した。
http://takaitakashi.com/blog/

高井たかし議員は、6月20日にホームページをリニューアルした際に、過去の獣医学部新設に尽力したことに関する弁明記事を残し、それ以前の記事をすべて削除したことで批判を浴びていた。
参考:速報!民進党の高井議員がブログ全削除、獣医学部新設要請した履歴を消す目的か?

高井たかし議員のブログ「たたかい日記」には、アーカイブの下に過去ログへのリンクバナーが追加され、6月20日のリニューアル告知にも過去ログへのリンクが追加されている。

スポンサーリンク

高井議員を評価する声も

高井議員が追加したバナーがこちら。
http://takaitakashi.com/blog/
続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開

ホームページリニューアルを告知する記事にも、追記がなされている。
http://takaitakashi.com/archives/76
続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開記事

獣医学部新設を内閣府に要請していた事実を、故意に隠ぺいしたと誤解されないために追記したと言いたいのだろうが、5月28日の弁明記事を残して、それ以前の記事を削除した意図は疑われても仕方がない。ワードプレスを利用しているので、アーカイブではなく通常の記事として引き継ぎもできるはずだ。

削除が批判される一方で、高井たかし議員を評価する声もネットでは多く見られる。党利党略ではなく地方のために、本来は敵対する自民党議員と協力し、中四国への獣医学部の新設を熱心に働きかけたことは高く評価されるべきという声だ。
この働きかけが高く評価されているだけに、過去の記事を全削除しアーカイブもURLが変更され他のサイトで引用されたものがすべて無効となったことは残念でならない。

蓮舫代表への忖度で削除したのかもしれないが、アーカイブを公開するついでに、離党をして獣医学部の新設は必要なものであり適切だったと主張すればいい。泥船の民進党では、次期衆院選での当選も見込みは薄い。ここはネットでの人気に賭けてみてはどうだろうか?

関連:速報!民進党の高井議員がブログ全削除、獣医学部新設要請した履歴を消す目的か?
関連:証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた
関連:ブーメランか?民進党最高顧問と加計学園理事長が昨年10月に懇談

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

タンクローリー横転、石油求め集まった住民が爆発に巻き込まれる、途上国で繰り返される悲劇タンクローリー横転、石油求め集まった住民が爆発に巻き込まれる、貧困で繰り返される悲劇

民進党の塩村文夏が安倍首相の難病を揶揄する批判「お腹壊すのは国民」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  2. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  3. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  4. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  5. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  6. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  7. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ
  8. 冤罪?柴山大臣が高校生の政治談議に「こうした行為は適切?」で大炎上→実際は教師による「洗脳」政治活動に対しての疑問だった
  9. 蓮舫が政治家になった理由「芸能界で生き残るのはリスク、取って代わるタレントは掃いて捨てるほどいる。でも参議院は6年の有期契約」
  10. 玉城デニー知事、琉球人虐殺発言のロブ・カジワラを見捨てる「意見を申し述べる立場にはない」→半年前に県庁で面談「世界に伝えてくれて感謝」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP