続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開


続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開バナー

今治市への獣医学部新設を求め、内閣府に省庁の説得を要請していた民進党の高井たかし議員が、一度は消した過去のブログ記事を再度公開していることが判明した。
http://takaitakashi.com/blog/

高井たかし議員は、6月20日にホームページをリニューアルした際に、過去の獣医学部新設に尽力したことに関する弁明記事を残し、それ以前の記事をすべて削除したことで批判を浴びていた。
参考:速報!民進党の高井議員がブログ全削除、獣医学部新設要請した履歴を消す目的か?

高井たかし議員のブログ「たたかい日記」には、アーカイブの下に過去ログへのリンクバナーが追加され、6月20日のリニューアル告知にも過去ログへのリンクが追加されている。

スポンサーリンク

高井議員を評価する声も

高井議員が追加したバナーがこちら。
http://takaitakashi.com/blog/
続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開

ホームページリニューアルを告知する記事にも、追記がなされている。
http://takaitakashi.com/archives/76
続報!民進党・高井議員が獣医学部新設要望の過去ログをこっそり再公開記事

獣医学部新設を内閣府に要請していた事実を、故意に隠ぺいしたと誤解されないために追記したと言いたいのだろうが、5月28日の弁明記事を残して、それ以前の記事を削除した意図は疑われても仕方がない。ワードプレスを利用しているので、アーカイブではなく通常の記事として引き継ぎもできるはずだ。

削除が批判される一方で、高井たかし議員を評価する声もネットでは多く見られる。党利党略ではなく地方のために、本来は敵対する自民党議員と協力し、中四国への獣医学部の新設を熱心に働きかけたことは高く評価されるべきという声だ。
この働きかけが高く評価されているだけに、過去の記事を全削除しアーカイブもURLが変更され他のサイトで引用されたものがすべて無効となったことは残念でならない。

蓮舫代表への忖度で削除したのかもしれないが、アーカイブを公開するついでに、離党をして獣医学部の新設は必要なものであり適切だったと主張すればいい。泥船の民進党では、次期衆院選での当選も見込みは薄い。ここはネットでの人気に賭けてみてはどうだろうか?

関連:速報!民進党の高井議員がブログ全削除、獣医学部新設要請した履歴を消す目的か?
関連:証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた
関連:ブーメランか?民進党最高顧問と加計学園理事長が昨年10月に懇談

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

タンクローリー横転、石油求め集まった住民が爆発に巻き込まれる、途上国で繰り返される悲劇タンクローリー横転、石油求め集まった住民が爆発に巻き込まれる、貧困で繰り返される悲劇

民進党の塩村文夏が安倍首相の難病を揶揄する批判「お腹壊すのは国民」





最近の記事

  1. 朝日新聞ツイッター、カートを運転する安倍首相に「とうとうトランプ大統領の運転手に」←2017年訪米時はトランプが運転してました
  2. 【証拠動画】共産党の公選法違反が撮影される!公示前に選挙カー「比例は 日本共産党 、選挙区は すやま初美 」
  3. 立憲・有田芳生議員がトランプ大統領を侮辱する写真を拡散「F〇〇K YOU VERY MUCH PRESIDENT TRUMP」
  4. 琉球新報「抗議の市民を警備員がネットで囲い込んだ!」沖縄タイムス「人権侵害だ!」←安全防護柵に自分から突入しただけでした
  5. 立憲・枝野代表「天皇陛下が2階席でトランプが升席なのは陛下に失礼」←2階貴賓席を格安シートだと思ってる枝野さんが失礼
  6. 立憲民主党の田島麻衣子さん、公選法違反のタスキにモザイク処理してSNS投稿「ギリギリセーフ」とでも思ったのか?
  7. 香山リカさんの遠隔診断、丸山議員の適応障害に「国会議員なら対応すべき範囲内」→荻上チキさん「直接診断したわけではない精神科医が、怖い」
  8. 退位礼正殿の儀「願って『い』ません」首相の漢字読み間違いは誤報!官邸が反論「当該部分は、ひらがな」
  9. ファーウェイ製品ついにmicroSDも使えなくなる!さらにAmazonでは「OSに重大な懸念が発生」と表示され購入できない商品も
  10. 【むき出しの好奇心】立憲民主党が山尾志桜里の処分を検討、倉持弁護士との無断ロサンゼルス出張を認める



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP