ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ


Wikis > 昆虫wiki > カブトムシ > ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Dynastes hercules ecuatorianus Ohaus, 1913
和名:ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ関連動画
広範囲に分布し、個体差が激しく複数のタイプが確認されている。
A、B、Cの3タイプが知られるが中間タイプも存在しモリシマイとタカクワイは元々は本種の個体変異とされていた。
それぞれのタイプの判別も難しく、ここではタイプ別の分布説明にとどめておく。
Aタイプ エクアドル東部・コロンビア西南部
Bタイプ コロンビア東南部・ブラジル北西部・ペルー北東部
Cタイプ ブラジル北部の中央部
各タイプの特徴は、以下の書籍で詳しく解説されている。
参考書籍:BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

ヘラクレス全亜種消滅説問題
ウィキペディアを始め複数のウェブサイトにおいて、ヘラクレス全亜種が分類の混乱のため消滅したと記載されている。
これらの情報は2003年にB.C.Ratcliffe博士が提案した「ヘラクレス亜種をシノニムとし分類を整理する」という報告を引用採用したものと思われる。
事実として亜種によっては判別が困難なものがあり、ヘラクレスの亜種分類を疑問視する声も多い。
しかし顕著な特徴を示す亜種も存在し、繁殖個体においても継続的に同じ特徴を発現しており、全ての亜種をシノニムとするには無理がある。
またRatcliffe博士の報告は「提案・提唱」であり、既に認められている亜種をシノニムとするには亜種ごとの個別検証を行う論文が必要と考えられ「混乱」を理由に全亜種消滅とするのは少し乱暴なようにも思える。
これらの亜種消滅説には多くの研究者が否定的な見解であったり、良くて参考程度としているようで、文献に記載される学名も既存の亜種分類を採用しており「亜種消滅説」を採用した文献は殆ど見られない。
ウィキペディアの記述にも矛盾点が多くあり、「亜種消滅」と記述した同一記述者が同時に亜種の特徴を編集追記した履歴が残っており一貫性が無い。
よって、Ratcliffe博士の報告を研究者の動向検証もないままウィキペディアに記載され、それをコピーした多くのウェブサイト等がこの情報を拡散したものと思われる。
この亜種消滅説に関しては、むし社発行「BE-KUWA」No.18ディナステス大図鑑,No.32ヘラクレスオオカブト大図鑑においても否定的に紹介され、亜種紹介において採用をしていない。

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


コロンビア東南部・エクアドル東部・ペルー北東部・ブラジル西部

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


参考文献・サイト


BE KUWA ビー・クワ 月刊むし4月増刊号
BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

ヘラクレスブリュゼニオオカブトムシ

ヘラクレスモリシマイオオカブトムシ

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP