ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ


Wikis > 昆虫wiki > カブトムシ > ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Dynastes hercules ecuatorianus Ohaus, 1913
和名:ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ関連動画
広範囲に分布し、個体差が激しく複数のタイプが確認されている。
A、B、Cの3タイプが知られるが中間タイプも存在しモリシマイとタカクワイは元々は本種の個体変異とされていた。
それぞれのタイプの判別も難しく、ここではタイプ別の分布説明にとどめておく。
Aタイプ エクアドル東部・コロンビア西南部
Bタイプ コロンビア東南部・ブラジル北西部・ペルー北東部
Cタイプ ブラジル北部の中央部
各タイプの特徴は、以下の書籍で詳しく解説されている。
参考書籍:BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

ヘラクレス全亜種消滅説問題
ウィキペディアを始め複数のウェブサイトにおいて、ヘラクレス全亜種が分類の混乱のため消滅したと記載されている。
これらの情報は2003年にB.C.Ratcliffe博士が提案した「ヘラクレス亜種をシノニムとし分類を整理する」という報告を引用採用したものと思われる。
事実として亜種によっては判別が困難なものがあり、ヘラクレスの亜種分類を疑問視する声も多い。
しかし顕著な特徴を示す亜種も存在し、繁殖個体においても継続的に同じ特徴を発現しており、全ての亜種をシノニムとするには無理がある。
またRatcliffe博士の報告は「提案・提唱」であり、既に認められている亜種をシノニムとするには亜種ごとの個別検証を行う論文が必要と考えられ「混乱」を理由に全亜種消滅とするのは少し乱暴なようにも思える。
これらの亜種消滅説には多くの研究者が否定的な見解であったり、良くて参考程度としているようで、文献に記載される学名も既存の亜種分類を採用しており「亜種消滅説」を採用した文献は殆ど見られない。
ウィキペディアの記述にも矛盾点が多くあり、「亜種消滅」と記述した同一記述者が同時に亜種の特徴を編集追記した履歴が残っており一貫性が無い。
よって、Ratcliffe博士の報告を研究者の動向検証もないままウィキペディアに記載され、それをコピーした多くのウェブサイト等がこの情報を拡散したものと思われる。
この亜種消滅説に関しては、むし社発行「BE-KUWA」No.18ディナステス大図鑑,No.32ヘラクレスオオカブト大図鑑においても否定的に紹介され、亜種紹介において採用をしていない。

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


コロンビア東南部・エクアドル東部・ペルー北東部・ブラジル西部

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


参考文献・サイト


BE KUWA ビー・クワ 月刊むし4月増刊号
BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

ヘラクレスブリュゼニオオカブトムシ

ヘラクレスモリシマイオオカブトムシ




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 【朝日新聞】ソウルで日本人女性が暴行された事件を渋々伝える「韓国メディアが手厚く報じている」←知らんがな
  2. 福島瑞穂の映え狙いがほぼ営業妨害「タピオカかき氷おいしい」←どう見ても「ねこまんま」か「のり弁の食べ残し」
  3. 伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」
  4. なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」
  5. 旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」
  6. 新人おじさん「河野太郎が韓国外相に金時計をひけらかし!恥を知れ!」→河野太郎「竹製ですが、何か?」
  7. 立憲・高井崇志議員が韓国訪問と過去の「歴史、慰安婦、独島」発言を全面否定→しかし立民訪韓団の存在は否定せず
  8. 1日で15万人が投票!マスコミによる京アニ放火殺人犠牲者の実名公表申し入れ「反対」が95%、遺族の思い優先する声が多数
  9. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP