ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ


Wikis > 昆虫wiki > カブトムシ > ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
種の概要|形態・外観的特徴|分布|生態|飼育方法|ブリード方法|その他|参考文献・サイト

種の概要


学名:Dynastes hercules ecuatorianus Ohaus, 1913
和名:ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ
ヘラクレスエクアトリアヌスオオカブトムシ関連動画
広範囲に分布し、個体差が激しく複数のタイプが確認されている。
A、B、Cの3タイプが知られるが中間タイプも存在しモリシマイとタカクワイは元々は本種の個体変異とされていた。
それぞれのタイプの判別も難しく、ここではタイプ別の分布説明にとどめておく。
Aタイプ エクアドル東部・コロンビア西南部
Bタイプ コロンビア東南部・ブラジル北西部・ペルー北東部
Cタイプ ブラジル北部の中央部
各タイプの特徴は、以下の書籍で詳しく解説されている。
参考書籍:BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

ヘラクレス全亜種消滅説問題
ウィキペディアを始め複数のウェブサイトにおいて、ヘラクレス全亜種が分類の混乱のため消滅したと記載されている。
これらの情報は2003年にB.C.Ratcliffe博士が提案した「ヘラクレス亜種をシノニムとし分類を整理する」という報告を引用採用したものと思われる。
事実として亜種によっては判別が困難なものがあり、ヘラクレスの亜種分類を疑問視する声も多い。
しかし顕著な特徴を示す亜種も存在し、繁殖個体においても継続的に同じ特徴を発現しており、全ての亜種をシノニムとするには無理がある。
またRatcliffe博士の報告は「提案・提唱」であり、既に認められている亜種をシノニムとするには亜種ごとの個別検証を行う論文が必要と考えられ「混乱」を理由に全亜種消滅とするのは少し乱暴なようにも思える。
これらの亜種消滅説には多くの研究者が否定的な見解であったり、良くて参考程度としているようで、文献に記載される学名も既存の亜種分類を採用しており「亜種消滅説」を採用した文献は殆ど見られない。
ウィキペディアの記述にも矛盾点が多くあり、「亜種消滅」と記述した同一記述者が同時に亜種の特徴を編集追記した履歴が残っており一貫性が無い。
よって、Ratcliffe博士の報告を研究者の動向検証もないままウィキペディアに記載され、それをコピーした多くのウェブサイト等がこの情報を拡散したものと思われる。
この亜種消滅説に関しては、むし社発行「BE-KUWA」No.18ディナステス大図鑑,No.32ヘラクレスオオカブト大図鑑においても否定的に紹介され、亜種紹介において採用をしていない。

形態・外観的特徴


野外サイズ♂mm~mm ♀mm~mm
飼育サイズ♂mm~mm ♀mm~mm

分布


コロンビア東南部・エクアドル東部・ペルー北東部・ブラジル西部

生態


飼育方法


ブリード方法


その他


参考文献・サイト


BE KUWA ビー・クワ 月刊むし4月増刊号
BE-KUWA ( ビー・クワ ) No.32 2009年 08月号 [雑誌]

←公式フェイスブックページ

転載について

ヘラクレスブリュゼニオオカブトムシ

ヘラクレスモリシマイオオカブトムシ





最近の記事

  1. 立憲民主党女性候補「インフルエンザウイルスの無毒化は紅茶が一番です」安定の反ワクチン、癌の自然治癒
  2. 自衛官の息子・野田佳彦「あなたのお父さんは人殺しを仕事にしてると言った教師、そういう雰囲気あった」
  3. 立憲・福山哲郎幹事長、実習生斡旋利権と批判された「日本ミャンマー協会」の理事であることを指摘される
  4. 関西生コン16人逮捕は誤報だった!→京都新聞「関西生コン支部幹部ら15人逮捕」ちょっと減った模様
  5. 音声公開!韓国国会議長「天皇、戦争犯罪の主犯の息子」を否定するも、あっさりと録音を公開されてしまう
  6. 4年以上隠蔽か?立憲民主・西村智奈美議員の政治資金を横領した元職員を在宅起訴→横領発覚は2013年
  7. 立憲民主党女性候補「下着の画像やSNS妨害が続いている」←該当する嫌がらせが見つからないと話題に
  8. 韓国外交部「天皇謝罪発言への抗議は無かった」→外務省幹部「聞こえなかったことにしたいのだろう」
  9. 翁長前知事の息子・雄治さん(那覇市議)「県民投票の投票率上げるのでカンパくれ」←中立偽装に批判殺到
  10. 遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP