東京新聞が共産党の公選法違反をモザイク処理で報じる


日本共産党浅賀由香公職選挙法違反
写真:東京新聞より

東京新聞は6月2日付の記事で、日本共産党候補の公職選挙法違反の写真をモザイク処理で掲載した。

記事では「事実上の選挙戦スタート」と書かれており、写真にはタスキをかけた日本共産党候補者の浅賀由香(あさか由香)氏の後ろ姿が写っている。
タスキには日本共産党の文字が書かれていたようで、日本共産党の小池晃書記局長は写真が浅賀由香氏のものであることと、そこに居合わたことを認めている。
しかし、記事ではそれが公職選挙法違反であることには一切触れていない。

スポンサーリンク

小池書記局長のツイートと証拠写真

日本共産党の公職選挙法違反は珍しいことではない。
公示前から特定の選挙の候補者名入りタスキをかけ、選挙活動をすることにはなんの罪の意識もないようだ。

今回の事案では、政党名入りのタスキをかけていたようだが、これも公職選挙法で禁止されている行為。そもそも事前の選挙活動が禁止されている。
これは本当に共産党の浅賀由香予定候補なのか?という疑問を持つ人もいるかも知れないが、これに関しては小池書記局長がツイッターで認めている。


そして浅賀由香予定候補も自身のツイッターで当日の様子をツイート。
そこでは、はっきりとタスキに「日本共産党」の文字が見える。

ザル法と甘いマスコミの監視

この日本共産党の公職選挙法違反について、擁護する声もある。
それは「摘発事例がない」というものだ。本当に摘発事例がないのかは不明だが、確かに私が発見して通報した事例でも警察は監視と警告のみで摘発をしていない。
ただ、捕まらなければ法を犯しても良いというのは暴論だ。
明確に禁止されている行為はやるべきでないし、日本共産党と社民党ばかりが「タスキがけによる事前選挙運動」を行っていることが問題だ。
マスコミもこれには沈黙で、万年野党の不正など金にならないということか?

今回の東京新聞の記事でも「事実上の選挙戦」「各候補者らは、街頭に立つなどして有権者にアピール」と、それが選挙活動であることを認識しながら、その違法性を指摘していない。

だらしない。それが今のマスコミの現状なのだと諦めて、この泡沫ブログで愚痴るのが私の役目なのだと自分に言い聞かせている次第。

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

広島,原爆死没者慰霊碑,広島平和都市記念碑,平和記念公園TBS「水を差すわけではないが」とオバマ訪問に水を差す

グーグルのアンカー広告って論外のクリック率やで




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 給水を断った神奈川県の黒岩知事がデマで自衛隊批判「勝手に出動して師団長が激怒」日刊ゲンダイの「給水車の水を捨てた」どちらも自衛隊が完全否定
  2. 朝日新聞「八ッ場ダムの効果に疑問視」自称・ダム推進派でも反対派でもない専門家→八ッ場ダム反対運動に参加してた
  3. 教員いじめ小学校「給食のカレーやめます」→吉村大阪府知事「クビにすべきはカレーじゃなくて加害教員でしょ」
  4. 【ホムルズ撃沈】東京新聞・望月記者「事前通告のない質問をして文句を言われた、圧力か?」菅長官「あなたは通告なしで質問してるでしょ?それが全て」
  5. テレビ朝日 仕込み発覚で苦しい言い訳「ニュースで一般人とされた4名はディレクターの知人」→「だが出演依頼はしてない、ロケ日程は教えたけど」
  6. 反安倍ブーメラン「セクシーの意味を安倍政権が閣議決定、恥ずかしい!」→立憲民主党議員が質問主意書を提出
  7. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  8. TBSチーフディレクターが派遣ADの女性をホテルに呼び出し裸にさせる鬼畜セクハラ→処分は自宅謹慎と異動のみ
  9. 【非道】台東区がホームレス男性の避難所受け入れを拒否→強風と雨の中、軒下でビニール傘を広げ一晩過ごすことに
  10. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP