吉田照美「ツイッター社の不正だ!閲覧数が減ってる!」何が不正かは不明だがラジオで電波を飛ばすらしい


吉田照美「ツイッター社の不正だ!閲覧数が減ってる!」←何が不正なのかは不明だがラジオで話すらしい

フリーアナウンサーの吉田照美さんは8日、ツイッター社の不正の証拠を押さえたとしてツイッターに画像を投稿した。


吉田照美さん曰く、今月1日にアップした安倍首相夫妻の風刺画のインプレッション(露出回数)が、255,874回から209,491回へ一瞬で約46000回分減ったというのだ。
説明するのも馬鹿らしいが、これは瞬間的なエラーであり吉田照美さんがアナリティクス画面を繰り返し表示した際にリアルタイムに計算ができなかった部分があっただけで、実際にこの直後に開いた時には正しく再計算されている。
もしかしてこの御仁は、累積された閲覧数が消えた場合に、過去にこのツイートを閲覧した人々の記憶も消去されるとでも思っているのだろうか?

スポンサーリンク

簡単な仕組みすら理解せず陰謀論を展開

まず、ツイッター社が意図的にインプレッション数を操作してもメリットは生じない。当然ながら吉田照美さんにデメリットも生じない。ただ、アナリティクスの遅延や取得漏れでリアルタイムで計算できなかっただけで、双方どちらも損も得もしていない。何が不正だというのだろうか?
実際に、直後にアナリティクスを開きなおしたときに復旧しているのだから、何も騒ぐようなことではない。それを「バレたから戻した」などと妄想で批判を展開するとは何とも見苦しい。


そもそも「インプッレション数」とはタイムライン上に露出した回数のことで、人間が見ていたかどうかは関係なくカウントされるので、さほど意味をなさない数字である。
それに対して「エンゲージメント数」は、ツイートがクリックされたりリツイート・いいね!された回数を示すもので、これは閲覧者がツイートに興味を示し、なんらかのアクションをした回数である。このエンゲージメントは問題なく増加傾向にあるので、ツイッター社が操作しているとは考えにくい。

吉田照美さんは、この「不正」とやらを来週出演予定のラジオ番組で語るそうですが、一体どのような「被害」にあったというのだろうか?なんら損失も生じておらず、問題なくツイッターを利用しているのに。
ラジオだけに「電波」を飛ばすのだろうか?

関連:吉田照美『この世界の片隅の君の名は、晋ゴジラ』はなぜ炎上したか?

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

サッカーE-1選手権「北朝鮮には賞金を払わない」連盟の対応はスポーツへの政治介入か?サッカーE-1選手権「北朝鮮には賞金を払わない」連盟の対応はスポーツへの政治介入か?

民進・徳永エリ「メディアは民進党を潰したいのか!」→自身は立憲民主党のジャンパーをスタンバイ完了!2民進・徳永エリ「メディアは民進党を潰したいのか!」→自身は立憲民主党のジャンパーをスタンバイ完了!

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 国民・玉木代表「おいしいうどんを出せる政党に、私たちにしか出せないラーメンやうどんと言ってもいい」
  2. 小池晃「そこまでやらせるのか。」加計学園の首相面会否定に悔しさをにじませる
  3. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  4. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず2
  5. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  6. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  7. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  8. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  9. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  10. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP