有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」


有本香氏、福島瑞穂へ「朝日新聞社へも乗り込んで記事のエビデンスを出せと迫っていただけませんか。」

6日、審議拒否での参院予算委員会の開会を見送った野党御一行が、渦中の近畿財務局を突撃するパフォーマンスをマスコミに披露している。森友学園への国有地売却の決裁書類が、何者かによって書き換えられているという疑惑を朝日新聞が報じたことを受け、原本を確認するためだという。
同日、近畿財務局を訪れたことをツイッターで報告する福島瑞穂参院議員に対し、ジャーナリストの有本香氏はこうツイートした。
『朝日新聞社へも乗り込んで「記事のエビデンスを出せ」と迫っていただけませんか。』

正論である。
疑惑を報じた朝日新聞に立証責任があり、その根拠とした書類を提出させるべきだ。

スポンサーリンク

朝日新聞は書類を入手していない?

この問題は、最初に報じた朝日新聞社の大スクープと言われているが、実は朝日新聞側は「書類を入手した」とは発表していない。2日の記事での表現はどれも曖昧なもので、外部からの情報提供を「確認した」としか書いていないのだ。

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという
内容が変わっているのは、2015~16年に学園と土地取引した際、同省近畿財務局の管財部門が局内の決裁を受けるために作った文書。1枚目に決裁の完了日や局幹部の決裁印が押され、2枚目以降に交渉経緯や取引の内容などが記されている。
朝日新聞は文書を確認。契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日、決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている。
出典:森友文書、財務省が書き換えか 「特例」など文言消える:朝日新聞デジタル

このように、朝日新聞は「関係者によると」「確認した」としか書いていないのだ。通常は、「コピーを入手した」と書くはずが、それを意図的に避けているように見える。

日本においては、疑いをかけた側に立証責任があるのだが、どうも野党は説明責任を盾に、疑われた側に立証責任を求める傾向がある。財務省に乗り込むのもいいが、発端となった朝日新聞の報道が信用に足るものかどうか、朝日新聞に説明を求めることが先ではないだろうか?

関連:パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ
関連:和田政宗議員「朝日新聞が別の文書を取り違え?」朝日の指摘内容と一致する全く別の決裁文書が公開される

【引用方法】

引用は半分程度まで「続きは以下へ」のURLリンク必須、まとめサイトも同条件、動画での転載お断り

上記範囲外での利用料金

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。


KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス KSL-Live!ふわっち

パワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけパワハラ写真公開!小西洋之・杉尾秀哉議員が財務省職員を小一時間詰める!腕組み、ふんぞり返り睨みつけ

毎日新聞記者が新燃岳爆発的噴火に「迫力。」楽しそうに投稿、毎度おなじみ総合デジタル取材センター所属毎日新聞記者が新燃岳爆発的噴火に「迫力。」楽しそうに投稿、毎度おなじみ総合デジタル取材センター所属

KSL公式番組!時事問題・ニュース
通知登録・フォローお願いします。
KSL-Live!ツイキャス
KSL-Live!ふわっち



最近の記事

  1. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  2. 速報!安倍首相と加計理事長の面会は嘘だった!「誰が嘘をついている?総理だよね!」の辻元は辞職確定?
  3. 悲報!女子マネージャー山尾志桜里・前原誠司主将の野球チーム、会合の出席者が僅か7名でチーム組めず2
  4. 元日大講師が悪質タックル被害の父親を批判「選挙向けの売名行為、嘘泣き記者会見」→続きはメルマガで
  5. 矢野官房長「くそ野郎という感じで報道」を批判する野党は国会で「日本死ね!」と叫んだことをお忘れか?
  6. 玉木雄一郎がデマ「安倍晋三記念小学校として申請されてた」和田政宗議員に論破され有本香氏に呆れられる
  7. 籠池夫妻の長男「菅野完氏経由の保釈金ならお断り!安部政権を倒すために集めた金なら要りません」
  8. 悪質タックル被害選手父親が加害選手の減刑求める、プロフは「息子がきっかけで再開したアメフトに夢中」
  9. 朝日新聞の隠蔽発覚!朝日女性記者にセクハラしたのは朝日新聞の現論説委員でした!#MeToo勢は沈黙
  10. 山口二郎「日大の危機管理は安倍政権から学んでいる」安倍首相を「叩き斬ってやる」って言ってた口で何を

人気記事






▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

▼グループサイト
昆虫専門KSLオークション
KSLフォーラム
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com




PAGE TOP