【動画有】福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」

政治・社会

福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!戦没者に対し「死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う」

15日、社民党の福島瑞穂副党首は、千鳥ヶ淵墓苑で行われた「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」で誓いの言葉を述べた。その中で、福島瑞穂副党首は戦没者の御霊に向け、とんでもない暴言を吐いている。内容の抜粋は以下、

主権者である日本国民は、全力で、安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならないのです。9条を変えようとする内閣は倒さなければならないのです。
「ロードオブザリングー指輪物語」の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。

ロード・オブ・ザ・リングで蘇る死者とは、誓約を果たさず呪いをかけられ成仏できなくなった死者の軍勢の事を指している。この様子は気分が悪くなるかもしれないが、動画で公開しておく。

戦没者を蘇らせ召集する発言動画


※動画開始5:00あたり
全文の書き起こしは福島瑞穂のブログでも公開されている。
福島みずほのどきどき日記 平和の誓い

映画「ロード・オブ・ザ・リング」の作中での蘇る死者とは「死者の軍勢」と呼ばれ、人間の王イシルドゥアに忠誠を誓いながらも誓約を果たさなかったため、その罰として永遠に成仏できずにいる死者の王とその軍勢を指す。
参考:[ネタバレあり]ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2004)~旅は終わる: フィルムこれくしょん
ロード・オブ・ザ・リンク死者の軍勢

出典:死者の軍勢 – 中つ国Wiki

例えが悪い。ましてや8月15日に戦没者に向けて発せられたとなれば、許しがたい暴言。
戦没者を追悼する集会で、政争を語り、その争いに戦没者蘇らせ招集するとは言語道断、福島瑞穂と言う人間の愚劣さが最悪のタイミングで溢れだした。
私は、このような議員が存在していることを、戦没者に申し訳なく思う。

関連:動画流出!木村市議「極右の森友潰したかった」福島瑞穂と辻元清美元秘書も立会い
関連:【衝撃動画】福島瑞穂議員に朝鮮学校問題を直撃!割って入る男性の正体はあの人!

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で