サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判


サンモニ谷口真由美「拉致被害の話はもう分かってる、この局面で出すなよ!」トランプ国連演説を批判
24日に放送されたTBS系列「サンデーモーニング」において、谷口真由美(大阪国際大学准教授)が、トランプ大統領が国連演説で拉致被害者の横田めぐみさんに言及したことを痛烈に批判した。
谷口真由美氏は北朝鮮の情勢についてコメントした際に「拉致被害者の方の話って、分かってる話じゃないですか。」「この局面で出すなよ!」と言葉を荒げた。


トランプ大統領の演説に関して、拉致被害者家族の横田早紀江さんは「感動した。解決への大きなチャンス」と評価している。谷口真由美氏の発言はそういった拉致被害者家族の気持ちを踏みにじるものである。

スポンサーリンク

関口宏も唖然とする発言書き起こし

谷口真由美氏の発言内容は、拉致被害者の問題を毎年言わなければならないとしながらも、言葉が極めて乱暴で「こんなところで」「わかってる話」「政治利用」と、金正恩側に立ったような口ぶりであった。

発言の書き起こし

「それでいうと、拉致被害者の方の話をトランプさんが出したりだとか、それから安倍さんも出したんですけど、拉致被害者の方の話っていうのはそういう局面じゃなくても毎年言わなければいけない話だと思うんですよ。
だから、こんなところで政治利用じゃなくて、もう分ってる話じゃないですかっていうのは、すごく気になりますね。この局面で出すなよ!っていう気もしました。」

さすがの関口宏でさえ、この発言し対しては「ああ、そうですか・・・」と困惑した様子であった。

谷口真由美氏と言えば、過去にも同番組で北朝鮮とアメリカの緊張状態について「在日朝鮮人の人とか在日韓国人の人に対する差別とか偏見が増長、そういう人たちに対する襲撃が起こらないようにする」と、日本人が有事の際に在日朝鮮人を襲撃するかのような発言を行っている。
参考:谷口真由美「日本人が在日韓国人を襲撃する」TBSサンモニ発言の全文書き起こし

谷口真由美氏の今回の発言は、北朝鮮が核兵器でアメリカと同盟国を恫喝していることに対し、拉致被害者の問題を棚上げにして交渉に応じろという趣旨に聞こえる。
核の脅威を背景にする北朝鮮とアメリカが交渉することが先決で「拉致被害者はその後の話だ」という考えには全く賛同できない。サンデーモーニングは巨大企業のスポンサーをバックに開き直っている状態であり、このような発言に対して局も番組側も一切の責任を取ろうとしない。

TBSが改善をする気がないなら、視聴者は資金を提供しているスポンサーの責任まで問わなければならないだろう。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」加計反対デモが大失敗!地元市民が参加の呼びかけに応じず→田中龍作「デモは穏やかに行われた」

今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」(60名が複数回参加)今治加計反対デモ大本営発表「四百名ノ行軍ガ今治二於テ、安倍独裁ヲ撃破セリ!」但し60名が複数回参加





最近の記事

  1. 沖縄県が春と秋の叙勲で推薦書未提出、2名の受賞機会喪失!玉城知事は発覚後も公表せず補選で大はしゃぎ
  2. NHKプロデューサーを逮捕!路上で強制わいせつの疑い、炎上した番組「AIに聞いてみた」開発チーム責任者
  3. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  4. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  5. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  6. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  7. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  8. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  9. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  10. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP