朝日新聞がまた捏造「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中


朝日新聞が名誉棄損「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中

朝日新聞デジタルが5日夜に配信した「ニコニコ動画に足蹴りされた女性…視聴者通報で男逮捕」という記事が、全く事実無根の捏造タイトルであったことが判明した。


タイトルでは「ニコニコ動画」の関係者が女性に暴行を加えたような印象を受けるが、実際にはニコニコ動画とは関係のない別の男性から暴行を受けた女性が、動画でその被害状況を配信し、視聴者が保護して通報したというニュースであった。

磨き上げられる捏造テクニック

現在、朝日新聞はこの記事のタイトルを適切なものに変更しているが、ツイッターやニュースアプリでは間違ったままのタイトルで配信が継続している。
↓ 訂正後のタイトル
ニコニコ動画視聴者が通報して男逮捕 女性への傷害容疑:朝日新聞デジタル

朝日新聞が名誉棄損「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中

朝日新聞が最初に伝えた「ニコニコ動画に足蹴りされた女性…視聴者通報で男逮捕」というタイトルは「ニコニコ動画に足蹴りされた女性が映っている」と言いたかったのだろうが、それでも文章としては適切ではなく通常なら「暴行受けた女性、動画配信で被害訴え・・・視聴者通報で男逮捕」と言ったところだろう。

大手新聞社である朝日新聞の記者が、このようなタイトルミスをするとは思えず、社内でのチェックも通過して配信されていることから、朝日新聞が悪意を持って意図的に配信したとしか思えない。

朝日新聞は過去にも、丸川珠代大臣(当時)が会見で「稲田朋美議員がカルト的な極右の指示を受けている」という趣旨の発言をしたとして発言録を配信したが、実際にはそのような発言はなく、朝日新聞の捏造と判明している。その際も謝罪もなく記事を改ざんして逃げている。
朝日新聞が丸川大臣の発言を捏造「稲田は極右」の印象操作を後でこっそり改ざん

これらは朝日新聞の質の悪さや記者の能力不足というよりも、捏造と印象操作のテクニックが日々研鑽され、捏造職人集団として確立されているということだろう。

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

福島瑞穂らの言い訳が見苦しい「イヴァンカ基金に57億円」の誤報に釣られた面々がコチラtop福島瑞穂らの言い訳が見苦しい「イヴァンカ基金に57億円」の誤報に釣られた面々がコチラ

立憲民主党「森友・加計学園問題PT」を立ち上げ、懲りもせず黒川敦彦に情報提供を求める野党の自爆立憲民主党「森友・加計学園問題PT」を立ち上げ、懲りもせず黒川敦彦に情報提供を求める野党の自爆

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP