志葉玲「鳥越は神輿」担ぐ神輿は軽くてパーがいい?


おみこし 段ボール製 子供神輿ミニ組み立てキット(祭り)

ジャーナリストの志葉玲氏がまた暴言で物議を醸している。
8月3日、自身のフェイスブックに都知事選の結果分析を投稿。
その中で志葉玲氏は、

「今回の都知事選で敗れたのは、極論すると、鳥越俊太郎さんであって、野党共闘や市民ではない」
「ただし、野党や市民にかつがれる神輿である、鳥越さん自身に覚悟と気迫、そして能力が十分でなかった。いくら、担ぎ手が頑張っても、神輿自体に十分に人々を引き付ける力がなければ、選挙は勝てない。」

これは酷い内容だ。与党支持者が鳥越候補を批判するのはよく目にするが、鳥越支持者が選挙後に候補者をここまで批判するのは珍しい。そして見苦しい。
候補者を党や団体の『神輿』と表現することがどれだけ失礼なことか、ジャーナリストなら知っているはずだ。

スポンサーリンク

担ぐ神輿は軽くてパーがいい

1982年の自民党総裁選挙の際に、小沢一郎(現 生活の党)が、自身の派閥が支持する中曽根康弘氏をこう評した。
「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」
煽てに乗りやすいが、自分の考えを持たず、振るわず、派閥の言いなりになる人間が良いという事だ。
これと同じことを志葉玲氏は鳥越俊太郎氏に向けているのだ。

今回の都知事選の結果を受け、言っておきたいことがある。直接、選挙戦に関わっていた方々は口が裂けても言えないことでも、少し引いて観ていた立場だからこそ言えることもあるのだろう。

それは、今回の都知事選で敗れたのは、極論すると、鳥越俊太郎さん…

志葉 玲さんの投稿 2016年8月2日

また、都知事選の敗因を鳥越氏だけに押し付け、野党共闘の失敗を認めようとしない傲慢な言い分でもある。宇都宮氏も切り捨て、落選した候補者を使い捨てにするような野党共闘が、市民に信頼されるわけもなかろう。
先日も「多分さー、今後は「選挙に行こう!」的なキャンペーンも考え直さないといけないね。バカが選挙に行ってバカに投票するというのが、最近のパターン」という優生思想につながる問題発言をしたばかり。

志葉の妻である増山麗奈が暴言で鳥越氏の足を引っ張った反省もない。

とんだカップルである。

【引用前に必ず確認してください】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

社民党と生活の党が合コンを開催、議員総会もついでに開催

夜の国会議事堂安保法制廃止は自民党に求められ、共産党には求められていない





最近の記事

  1. 総理官邸に忍者が侵入!安倍総理「官邸の厳しいセキュリティをかいぐぐってくるには・・・派手だよっ!」
  2. 室井佑月「野党の議員は首相の首をかけ自分らの辞表を出してみたら?」←ちょっと何言ってるか分からない
  3. 高須院長、今年の漢字「災」に「こんなの書くの断れよ坊さん」「禍々しい文字、僧侶として悲しく思う」
  4. NHKがこっそり「靖国で段ボール燃える」にタイトル変更、写真も差し替え 発生当初「新聞紙」と伝える
  5. 【NHK】原資は受信料「離婚した妻への養育費に」単身赴任手当524万円を騙し取った副部長を懲戒免職
  6. 【沖縄】三宅洋平が暴言「プロパガンダで辺野古NO!とか言ってるおめでてーのがのがいるなら俺が●す」
  7. サムスンが「Supreme」とコラボを発表→偽ブランドでした!米国本家からのツッコミで発覚も無視
  8. 日本体操協会の欺瞞!塚原夫妻の処分解除に高須院長「感じさせてしまったらパワハラだと思うのですが」
  9. 読売新聞の渡辺恒雄主筆「死亡説を流されたから来たんだよ」原監督の殿堂入りパーティーに登場
  10. 長島昭久議員が朝日新聞に「フェイクニュースの典型ですね、いったい何を取材しているのでしょうか?」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com





PAGE TOP