有田芳生が小沢一郎を批判?「国民の生活より自分の生活が第一、政治不信を深める役割りしか果たさない」


有田芳生が小沢一郎を批判「国民の生活より自分の生活が第一、政治不信を深める役割りしか果たさない」
民進党の有田芳生議員が17日にツイッターに投稿した内容が、自由党の小沢一郎代表を批判しているのではないかと話題になっている。

マイクを持てば「国民の生活が第一」と語ってきても、その延長が「自分の生活が第一」では、どんな理屈を付けても、国民の政治不信を深める役割りしか果たさないだろう。
有田芳生@aritayoshifu

「国民の生活が第一」とは、2012年に小沢一郎が民主党を離党し結成した党である。結党当初から、ネット上では「国民の生活より自分の生活が第一」「小沢の生活が第一」と批判的な声が多数あり、それと全く同じロジックだ。

スポンサーリンク

山本太郎共同代表とは一悶着あり

おそらく、この投稿は安倍政権を批判したものだろう。しかし、小沢一郎が過去に率いた党「国民の生活が第一」の名前をそのまま使ってしまうのは軽率であったとしか言いようがない。
かと言って、有田芳生議員が小沢一郎の「国民の生活が第一」に好意的であったかと言うと、そうでも無いようだ。有田芳生議員は2012年に週刊実話のインタビューで小沢一郎を擁護しながらも、新党結成については疑問を持っていたようだ。

 --最後に、小沢新党に今の政治を良くする希望の光は見えますか?
 「主役は正しくとも、それがそのまま広がっていく政治状況ではないと思います。中には『こんな民主党なんかには、いられない』と合流する人も出てくるでしょう。しかし、原点に立って考えるべきは、政治家が有権者との契約によって成り立っているという事実です。集団に埋没するのではなく、一人ひとりの議員が自己確立して欲しい。それがなければ、今後政治はさらに国民から離れたものになってしまうからです」
出典:消費税増税反対! 民主党・有田芳生参議員直撃「小沢一郎元代表は嵌められた」(2) – 週刊実話

この内容は、今回の「マイクを持てば「国民の生活が第一」と語ってきても、その延長が「自分の生活が第一」では、どんな理屈を付けても、国民の政治不信を深める役割りしか果たさないだろう。」と同じような意味合いだ。

また「国民の生活が第一」の後継政党で小沢一郎と合流する山本太郎とは、昨年のヘイトスピーチ対策法案可決を巡って一悶着あったことを本人が語っている。

うーん、やっぱり小沢一郎の「国民の生活が第一」を揶揄して批判している可能性も低くは無いようだ。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?自民党より共産党政権を望む人が4%、二択なら共産主義も受け入れ?

遂に捉えた!福島瑞穂が工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショに成功!福島瑞穂が中国の工作員に暗号を発信、瞬時に消されたがスクショ保存に成功!





全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 野党支持者「室井佑月さん!安倍政権の官邸アカウントがネトウヨバイトを募集してるよんですよ!」←日付は2012年、民主党政権でした
  2. 速報!山本太郎「れいわ新選組」の支持率が0と判明!「0は新選組」に党名変更か?街頭演説の聴衆はただの野次馬?
  3. 室井佑月が最悪の放射能デマ「チェルノブイリから同心円状に知能が低くなっている」批判受け削除逃亡!あったことを無かった事に
  4. フライデー「山本太郎と八嶋智人が殴り合いの乱闘、NHK新選組飲み会を出入り禁止に」→八嶋智人「当事者の僕が言いますが、この記事はデマ」
  5. 【野党支持者沈黙】立憲会派・小川参院議員の息子に実刑判決、女子小中学生への強制わいせつ致傷など連続6件(保釈中も犯行継続)で懲役たったの4年?
  6. 共産党市議が放射能デマ「事故後の甲状腺癌29倍、白血病10.8倍」批判受けても反省なく「私を嫌うネトウヨが抗議している」
  7. テレビ朝日の取材用ヘリが緊急着陸!国交省が重大いインシデントに認定 なお基地反対派から「テレビ朝日はいらない!」の声は上がっていない模様
  8. 長妻昭議員の資産公開「預貯金1円」に百田尚樹さん「ミスター年金らしいから、預貯金1円でも老後は何とかなるんだろう」
  9. 東京新聞・望月記者の質問原稿は朝日新聞と判明「え~、ホムルズ海峡付近での~」菅長官「www(ホルムズ海峡やで?)」
  10. 野党議員がテレビで暴露「2000万円問題はたいしたことではない」「市民連合と野党の共通政策合意は嘘」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP