朝日新聞記者を盗撮で逮捕、女性のスカートの中は捏造できない!朝日のジャーナリズム魂に胸が熱くなる!


朝日新聞記者を盗撮で逮捕、女性のスカートの中は捏造できない!朝日のジャーナリズム魂に胸が熱くなる!

朝日新聞デジタル

7日、朝日新聞東京本社報道局スポーツ部記者が都迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕された。逮捕された朝日新聞記者は、7日の午後4時半ごろ、JR山手線の田町―浜松町駅間の電車内で、小型カメラを紙袋に隠し20代女性のスカート内を撮影しようとした疑いがある。目撃した男性が110番通報し、駆け付けた警察官がその場で逮捕した。
盗撮容疑で朝日新聞記者を逮捕 警視庁:朝日新聞デジタル

記者は買い物帰りだったようだが「数カ月前から同様のやり方でやっていた。やめられなかった」と供述、これが朝日新聞のジャーナリズム魂か?

これが朝日新聞のジャーナリズムだ!

朝日新聞と言えば、従軍慰安婦捏造で新聞社としての信用は地に落ちている。それにも懲りず社員は事件と不祥事を繰り返し、朝日新聞の起こした事件や不祥事をまとめたサイトは、1ページに収まらず「その2」が作られるほどだ。
朝日新聞の不祥事年表 – 国民が知らない反日の実態 – アットウィキ
朝日新聞の不祥事年表2 – 国民が知らない反日の実態 – アットウィキ
更新は2011年で止まっているが、これ以降も繰り返された蛮行は説明不要だろう。

ここ最近、当サイトが報じた朝日新聞に関する記事は、2件とも捏造して逃亡したという内容である。
朝日新聞が丸川大臣の発言を捏造「稲田は極右」の印象操作を後でこっそり改ざん
朝日新聞がまた捏造「ニコニコ動画に足蹴りされた女性」はフェイクニュース、こっそり書き換え絶賛逃亡中

本業では捏造とフェイクニュースを平気で垂れ流すが、いざ盗撮となるとレンタルDVDのフェイクでは納得できず、法を犯してまで迫真の映像を撮りに行くという朝日新聞記者。これが朝日新聞伝統のジャーナリズム魂なのか?
なんだか胸が熱くなってきた・・・

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

黒川敦彦の関係者「番頭ワタナベ」が韓国人を差別する投稿で批判殺到、これでも野党は黒川を頼るのか?黒川敦彦の関係者「番頭ワタナベ」韓国人を差別する投稿で批判殺到、これでも野党は黒川を頼るのか?

有田芳生が拉致被害者家族に暴言「拉致問題解決の現実的方法を書け」「それが議員になすべきことか?」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP