北朝鮮が朝日新聞本社にミサイル照準を合わせる「謀略記事、絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせる」


北朝鮮が朝日新聞本社にミサイル照準を合わせる「謀略記事、絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせる」

朝日新聞のせいで戦争が起こりそうだ。朝日新聞の記事が金正恩を刺激したらしく北朝鮮国営の朝鮮中央通信は8日、以下のような論評を掲載した。

「われわれの最高の尊厳をあえて冒とくし、朝鮮を悪らつに誹謗、中傷した謀略記事を書いた」
「日本の対朝鮮謀略家と『朝日新聞』に厳重に警告する」
「わが国家の尊厳あるイメージをダウンさせようと愚かにのさばる者に対しては、島国に住もうと、大洋向こうのどこにいようと絶対に許さず、必ず高価な代償を払わせるであろう」

出典:「朝日新聞の謀略記事、許さない」北朝鮮が名指しで批判 | DailyNK Japan

朝鮮中央通信は国営、金正恩の意志を伝達する役割がある。
ミサイルが飛んで来たら朝日新聞のせいですね。

スポンサーリンク

金正恩を怒らせた記事の内容は?

デイリーNKによると朝鮮中央通信は朝日新聞のソウル支局長を名指ししているようだが、問題の記事については示していない。しかし、内容からして以下の記事で間違いなさそうだ。

 海辺で、男性が水平線を遠く望んで立っている。

 ほおを涙がつたう。

 そこに、こんな趣旨のナレーションが流れる。

 ――強盛国家を実現するため努力してきたのに、改革がうまくいかないもどかしさから、涙を流しておられる――

 この映像に登場している男性は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長だ。北朝鮮が末端の党幹部を教育するために作った正恩氏の記録映像の一部だとされる。
正恩氏の涙、異例の映像が示すもの 核廃棄へ転換の裏で:朝日新聞デジタル

仲間だと思ったのに恥ずかしい映像のことを日本に伝えやがって!といったところだろう。

記事は、前半で金正恩の映像について伝え、後半では北朝鮮の国内事情をボロクソに書いている。ソウル支局長の署名は前半のみで、後半は朝日新聞の国内記者が書き加えているようで、ソウル支局長が本社のとばっちりを食った形だ。だが、金正恩の「涙」に触れたことだけでも充分に刺激した可能性はある。

朝日新聞は過去に韓国から「爪の先ほどの真実も含まれていない」と酷評された挙句、先月に大統領府を出入り禁止になっている。これで朝鮮半島から締め出されたわけだが、朝日新聞のせいで北のミサイルが飛んでくるのだけは勘弁してほしい。

韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

サドルに体液ぶっかけの共産党、新潟の事は新潟で決めるはずの県知事選で東京から電話「かけ」作戦始めるサドルに体液ぶっかけの共産党、新潟の事は新潟で決めるはずの県知事選で東京から電話「かけ」作戦始める

再検証!新潟県知事選のデマは意図的?拡散しているのは誰か?拉致否定の北川論文を知らない保守って?再検証!新潟県知事選の拉致否定デマは意図的か?今も拡散されるデマの根源は北川論文を知らない自称保守




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 反安倍ブーメラン「セクシーの意味を安倍政権が閣議決定、恥ずかしい!」→立憲民主党議員が質問主意書を提出
  2. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  3. TBSチーフディレクターが派遣ADの女性をホテルに呼び出し裸にさせる鬼畜セクハラ→処分は自宅謹慎と異動のみ
  4. 【非道】台東区がホームレス男性の避難所受け入れを拒否→強風と雨の中、軒下でビニール傘を広げ一晩過ごすことに
  5. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  6. これ必要か?神奈川県のダム放水緊急メッセージ、黒岩知事のキリッとした顔写真が気になって情報が伝わらない
  7. 共産党議員が悪質な災害デマ投稿「城山ダムは水害が起こると分かって溜め込んでいた」→前日から徹夜で事前放流
  8. N国党員が台風デマ動画投稿で炎上→削除もせず「面白半分で拡散しないで」「リツイートする暇があったら」と信じた人を責める
  9. ラサール石井「やっていい事と悪い事がないのが表現の自由」→8年前の投稿「浅田真央ちゃんは彼氏作ってエッチして表現力を身につけて」コレやって悪いことだろ
  10. 森友問題決着へ!籠池長男が3対1の対談申し入れ、東京新聞の望月記者・朝日新聞の南記者・元NHKの相沢記者は逃げないで



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP