ジャパンタイムズが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバート氏「応援するメッセージを送ろう」


ジャパンタイムスが徴用工・従軍慰安婦の表現変更、ケント・ギルバート氏「応援するメッセージを送ろう」

 英字紙「ジャパンタイムズ」(日本国内で販売)が7日、従軍慰安婦や韓国徴用工に関する説明や呼び方を変更したとして、異例の社告を掲載した。
変更内容
徴用工について
変更前「強制労働」

変更後「戦時中の労働者」

従軍慰安婦について
変更前「強制的に働かされた」

変更後「意思に反して働いていた者も含まれる」

参考:慰安婦問題で釈明社告 ジャパンタイムズ – サッと見ニュース – 産経フォト

議論と検証に「断定」は禁物

 これに対して、カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバート氏は「ぜひ、ジャパンタイムズ紙の決断を応援するメッセージを以下から送ってください。もちろん日本語で大丈夫です。」とツイッターでフォロワーに呼び掛けている。

  早速、海外のメディアは「保守的な安倍首相に歩調を合わせた」などと批判的に報じているようだが、ジャパンタイムスのこれまでの姿勢からしてそのようなことは考えにくく、多様な意見と検証があることを踏まえて断定的な表現を適切ではないと判断したものと思われる。変更した表現も、決して韓国側の主張を全否定するようなものではなく、こういった問題や論争に際して100か0かの一方的な論調こそが真実から目を背けているという現状を危惧したのかもしれない。

 もし、左派がこのタイミングでジャパンタイムズをバッシングしたとすれば、それは議論も検証も許さない独善的なものであると思って差支えは無いだろう。

関連:BTS問題で田村淳「忌み嫌う国で何故ライブをしたいと思うのか?僕は徴用工や慰安婦Tシャツを着ない」
関連:韓国被爆者団体がBTSを擁護「日本は原爆加害者として謝罪を」「むしろTシャツで原爆の被害を伝えた」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ【動画】有田芳生議員が与党議員の指を折ろうとした?深夜の採決で立憲民主議員が大暴れ

有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP