韓国レーダー照射に防衛省関係者「素直に謝ればこんな問題にはならない」二転三転する韓国側の主張を一蹴


韓国レーダー照射に防衛省関係者「素直に謝ればこんな問題にはならない」二転三転する韓国側の主張を一蹴

FNN PRIME

 日本海の上空で自衛隊機が、韓国軍艦艇から射撃管制用のレーダーを照射された問題で、韓国側はここにきて「哨戒機が駆逐艦上空に異常接近したので、カメラで撮影しただけだ」と無理筋の言い訳を始めた。これに対し、防衛省関係者は「われわれには、電波照射を受けたという証拠がある。素直に謝れば、こんな問題にはならないとFNNの取材に対して答えている。

韓国いつものパターンへ

 問題発覚当初、日本政府からの抗議に対し韓国側は「日本の哨戒機を追跡するものではなかった」としていたが、韓国メディアは国防省関係者の話として「北朝鮮船舶の捜索中に火器管制レーダーを含む全レーダーを総動員した」と報じ、韓国統一省は北朝鮮船籍の乗組員3名と遺体を北朝鮮に引き渡したことを公表し、その言い訳を補強した。
 その後も韓国側の主張とされる様々な情報が報じられたが、日本側(防衛省)は一歩も引かない構えで岩屋防衛省も「攻撃前の行為で危険」と強く非難している。

 当然ながら、レーダー照射とそれに対する回避行動の記録は残っており、韓国側の主張がデタラメであることは証明可能な状態にある。この状況で「カメラで撮影しただけだ」と強弁する韓国が次に何を言ってくるか?

「日本の捏造、植民地支配を反省していない」

 これがいつものパターンである。
 素直に謝っていればこんな問題にならなかったのに・・・

関連:有田芳生議員に突きつけられた民意!韓国製品不買を批判され立憲民主党公認を取り下げた坂井和彦氏が当選
関連:韓国大統領府が朝日新聞を「嘘の新聞」と認定→出禁に!韓国報道官「爪の先ほどの真実も含まれていない」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

有田芳生議員に突きつけられた民意!韓国製品不買を批判され立憲民主党公認を取り下げた坂井和彦氏が当選有田芳生議員に突きつけられた民意!韓国製品不買を批判され立憲民主党公認を取り下げた坂井和彦氏が当選

足立康史議員が共産党議員を批判「文書通信交通滞在費の使途も公開できない輩が、何を言っているのか」足立康史議員が共産党議員を批判「文書通信交通滞在費の使途も公開できない輩が、何を言っているのか」

SNS・RSSフォロー

最近の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP