カブトムシはスイカ食っても下痢しませんよ、マイナビさん。


kabutogeri
今に始まった事ではないが、マイナビニュースのクオリティーが低すぎる。
最近の昆虫に関する記事だけでも、その酷さが分かる。
まずはこれ
「大人のためのクワガタ(成虫)の飼いかた」
(記事削除済)

この記者曰く、
「昔はクワガタのエサといえば砂糖水でしたが、水分が多いものは下痢を起こしやすく寿命が短くなる」
典型的な俗説(デマ)を書いてしまっている。

スポンサーリンク

カブトムシにスイカをあげると下痢になる?

なりません。
変温動物であるカブトムシやクワガタムシの成虫は汗や尿で体温を調節できませんので、分泌や排泄で体温等をコントロールしていません。
同じ変温動物でも固形の餌を摂取する爬虫類や両生類と違い、摂取できる餌は樹液等から液体を毛細管で吸い上げるのみで、常に液状の排泄をし糞と尿の区別はないので当然、固形の糞をしません。
これを「下痢をしている」と誤認、さらにカブトムシが元から短命であることが相まって俗説となっているのでしょう。
この俗説を信じている人は多く、Yahoo知恵袋などではベストアンサーとなることもある。
しかし、昆虫の事を少しで勉強していればこんなデマにはひっかからない。

スイカに含まれる水分量と栄養価のバランスなどを考えた場合、餌としてスイカが昆虫ゼリーに劣るというのは事実かもしれないし、それが寿命に影響していることも否定はできない。
それでも「下痢をする」というのは誤りなのです。

自然下でもカブトムシの主食とされる樹液に全ての個体がありつけるわけではありません。
畑近くの腐葉土で繁殖し、そのまま作物であるスイカや果実に食いつく事も珍しくないのです。

育てた蝶は放蝶が原則?

続いての記事も酷い
「チョウ(幼虫)の飼い方」
(記事削除済)

クワガタの記事と同じ人が書いてるようですが、この記者曰く
「チョウを飼うならば、羽化したあとは放してあげることを前提で、飼うようにしましょう。」
困った人だ・・・

言うまでもないが「逃がさない」が原則です。
その個体が生息している場所、例えば「庭先で捕まえた蝶の幼虫を羽化させそのまま庭先に」っていう条件ならまず問題はないでしょう。
しかし、このへんの境界線(放蝶の是非)は曖昧であるため、原則は逃がさないという方向です。
逃がしてよいとするなら、それ相応の理屈や条件を明示して記事にしなければ誤った捉え方をする読者もいるでしょう。
他所から採集してきた個体を別所へ放蝶するなど論外ですし、それがどの程度生態系に影響するかも、予測も難しい。
詳しくはこの記事を読んで欲しい。
虫を野に放す理由とは何か?

どうしてこんなデタラメな記事に?

取材をしないからでしょう。
マイナビニュースの説明では、各チャンネルに専門の記者がいるらしいですが・・・
どうみてもネットで拾ったネタを繋ぎ合せて記事を書いている。

クワガタの「下痢」など専門の人は書きません。
しかし、一般的なブログなどでは俗説や知恵袋で拾った情報を誤って記載しているので、そこから引用して記事を書いてしまうとこのような事が起こる。

おまけに、もっと酷いのを・・・

マイナビニュースがユニクロのロゴを「QNIULO」という反日デモのときのコラ画像と間違えて掲載
http://getnews.jp/archives/291148

なんということでしょう・・・
目も当てらない。

今回事例として挙げた3件の記事は既に削除されている。
誤りの指摘があれば、即時削除するようだ。
記事へ自信と誇りを持って書いていれば削除せず、訂正記事なり反論なりすれば良いはず。「拾っては書く」という独自性の欠片もないことを繰り返して都合が悪ければ削除すればいいというスタンスか。

この記事をチップで応援

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

奄美市、採集捕獲規制にマルバネ、シカクワ等が指定される

魔法のキーワード、この一言でブログがバカっぽくなる!





最近の記事

  1. サンモニ・大宅暎子さんが正論「年金問題、民主党政権が知らなかったわけないのに選挙に使おうとしいる、麻生さんをイジメても仕方ない」
  2. 希望の党で当選の小川淳也議員が立憲民主党会派入り、前日には国民民主党・玉木雄一郎を励ます会に出席
  3. 何様?韓国議長の謝罪に鳩山由紀夫「私個人にではあったが日本国民に謝られたのである」←勝手に国民の代表になるな
  4. 政治活動ではなく見世物?蓮舫らが「筆談ホステス」の看板掲げ立憲候補と練り歩く、ボイパのおっくんはエプロン姿に「保育士・気象予報士」のタスキ
  5. テレビ朝日が捏造を隠蔽!タンカー攻撃「安倍総理も米に加担、イランが強く非難」と放送→イラン大使館が否定→捏造部分をカットしてネットに再投稿
  6. 香港出身のアグネス・チャン、故郷の大規模デモを完全にスルー!アメリカでのセレブ生活をブログに連投中
  7. SEALDs元メンバーらが香港のデモに連帯!→駐日中国大使館の厳しさを知らされ抗議を中止、なぜか矛先を香港に変更する
  8. 東京新聞の望月記者、ついに幻聴が聞こえたとして政府を批判「内閣情報調査室が私をマークして調べていると聞こえてきた」←知らんがな・・・
  9. 蓮舫と矛盾?立憲・長妻昭「国民全員が年金だけで生活できるということではない」反町理「えっ!?(政府と)違いがない?」
  10.  2018年10月6日午後6時頃、広田被告は運転するSUVで市内の無職男性(69)をはね、道路下の側溝に転落させたが救護をせず逃走。翌日の7日午後5時37分ごろに側溝に頭を突っ込んでうつぶせになって死亡しているのが見つかった。



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP