大島理森衆院議長「野党がどうして評価が低いのか考えて」←それが考えられないから野党なんですよ


大島理森衆院議長「野党がどうして評価が低いのか考えて」←それが考えられないから野党なんですよ

 自民党の大島理森衆院議長は10日、玉川大学(東京都)の一年生を対象に講演し、野党の党名を知っている学生が少なかったことなどから「野党が皆さんの声を目線を同じくして聞いて、どうしてこんなに名前を知られていないんだ、どうして評価が低いんだというところから考えて頑張っていただきたい。」と述べた。

大島理森衆院議長(発言録)
 立憲民主党という政党の名前を知っていますか、と聞いたら手を挙げる人が少なかった。何が問題かと私は思う。政党の変化があまりにも多すぎる。政党は持続して国民を巻き込まないといけない。政党が分裂したり一緒になったりする姿に対して、国民は政党に対する信頼感がなくなっているのではないかという問題意識を持っている。

 きちっとした野党の存在があることが、民主主義の非常に大事なことだ。自民党もそうだが、野党が皆さんの声を目線を同じくして聞いて、どうしてこんなに名前を知られていないんだ、どうして評価が低いんだというところから考えて頑張っていただきたい。(玉川大学での講演で)
出典:大島衆院議長「野党どうして評価低いか考えて頑張って」:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

野党の街頭演説にも苦言

 共同通信によると、大島衆院議長は街頭演説ばかりする野党の姿勢にも苦言を呈している。

 講演は1年生が対象。大島氏が政党名を挙げて聞いたところ、野党を知っていると挙手する学生が少なかったことから「野党は街頭演説だけでなく、こういう場に出て『なぜ評価が低いんだ』と考えるところから頑張ってほしい」とエールを送った。
出典:大島議長「政党の変化多すぎる」 野党に苦言 – 共同通信

 大島衆院議長が指摘するように、野党は「街頭演説に多くの人が!」というアピールに躍起で、立憲民主党は街頭演説のことを「大作戦」と呼び繰り返しているが、全く支持率は伸びていない。

 こういった傾向は今に始まったことではなく、特定の思想や団体からの指示で個人が当選することを目的とする万年野党の悪癖である。実際に国民民主党などは党の支持率が限りなくゼロに近い常態が続いているが、いざ選挙となれば自力で当選してくる議員が多い。しかし、ノンポリ層の取り込みで支持率を上げ党全体で大多数を取らなければ政権は奪取できない。
 立憲民主党にしても、次々に現職議員が入党し勢力が結集しているように見えるが、実際はそれまでに離散した勢力の一部が出戻っているだけで歴史上まれにみる「小さな野党第一党」というのが現実だ。大島衆院議長はこういった現状を冷静に分析したうえで、自民党一強の国会で有効な議論もままならない現状を危惧しているのだ。

 野党の連中は耳をかっぽじってこの話を聞け!

関連:マジメにやれ!衆議院防災ヘルメットで遊ぶ議員、被ろうとしない議員
関連:枝野幸男が野田中央公園をツッコまれ激しく動揺「不適切発言だ!議長!水田議員を黙らせて!」杉田です

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暴行被害の山口真帆が記念講演にサプライズ登場し謝罪→指原「彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」暴行被害の山口真帆が記念講演にサプライズ登場し謝罪→指原「彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」

辺野古中止のホワイトハウス請願「返事の来ない放置サイト、実体はない」三宅洋平のブログに物議辺野古中止のホワイトハウス請願「返事の来ない放置サイト、実体はない」三宅洋平のブログに物議




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう
  2. また?関西生コン支部幹部を再逮捕!ホテル建設工事で現場監督らに因縁つける威力業務妨害「これ、汚水じゃないですか」
  3. 音喜多駿議員「参議院会館のセブンイレブンwww」発注ミスの店長お詫びを笑う
  4. 杉田水脈「反転連の本部は西早稲田」→町山智浩「国会議員がテロ煽動」ちょと何言ってるかわからないと話題に
  5. 埼玉県知事選 野党統一候補が朝鮮学校無償化に反対「拉致問題、核など我が国の脅威が継続」→共産党界隈から差別主義者認定を受ける
  6. 埼玉県知事選断念の行田邦子氏が青島健太候補(自公推薦)の支持を表明!後援会から「出馬取りやめを熟慮せよ」野党統一候補一本化の圧力か?
  7. 津田大介から未来の女性アーティストへ「トリエンナーレ以降、女性アーティストが活躍する機会が増え、セクハラも減ったそうですよ」
  8. 自衛隊イベント抗議の共産党市議「人殺しの訓練は事実」レンジャー訓練に反対した田村智子議員の発言を擁護
  9. 河村たかし名古屋市長「大村知事の自作自演。中止も検証委員会も相談なし、実行委員会開催を要望しても無反応」
  10. N国党の立花孝志代表が高須院長をブロック「対話を求める僕をブロックするなんて・・・立花先生タブスタ」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP