昆虫ゼリーの真実、人間が食べるのは危険です。


LINEで送る
Pocket

昆虫ゼリーとカブトムシ
昆虫ゼリーの成分は、子供が食べるゼリーとほぼ同じで“無害”とされています。黒糖や果汁を寒天でゼリー状に凝固させたもので、人間が食べても問題のない原料が使われているからです。
味に関して、黒糖系は不味いというのは予想できるが、フルーツ系は意外に美味いという声がある。
しかし、それはたまたまです。危険なので絶対に食べてはいけません。

スポンサーリンク

昆虫ゼリーを食べる人々

youtubeで「昆虫ゼリー」を検索すると?
「昆虫ゼリーを食べてみた」というタイトルの動画が多数ヒットし、若者が昆虫ゼリーをひたすら食べています。
ネットでは「実際にやってみた」というチャレンジ・実験系は人気が高く注目を集めやすいため、中高生を中心に多くの若者がその様子を公開しています。
このひとたちは昆虫ゼリーがどこでどうやって作られ、どのような品質管理で販売されているかを知らないようです。
真実を知れば、食べられるようなものじゃない。

昆虫ゼリーのここが危険

はっきりいって昆虫ゼリーは危険です。
危険と思われる大きな要素が二つあります。

防腐剤と傷みやすい成分

全てではありませんが、多くの昆虫ゼリーには防腐剤が添加されています。
添加されている防腐剤の人体への影響は賛否あり、それ自体が即時、顕著な悪影響を及ぼすとは言えません。
しかし、なぜ防腐剤が必要なんでしょうか?
これは、製品の保存期間・店頭陳列期間を延長する目的と、カブトムシ・クワガタムシが好んで食べるように“果実”“乳酸系”などが含まれており、腐敗しやすく悪臭のもとになるからです。
※防腐剤が入っているからといって、腐らないわけではありません。

大量の昆虫ゼリーを箱買いする昆虫ブリーダーなら知っていることなのですが、とにかく個包装が万全ではなく、フィルム外装の不備で液漏れなんてのは日常茶飯事、食用なら自主回収のレベルです。
密閉度に問題がある以上、一定の割合で状態の悪いゼリーが含まれ、とくに“乳酸系”は危険です。
乳酸が含まれる食品や飲料で、密閉に問題があったものを食べる危険性は説明不要ですよね。
以下のような事例もありますが、全く問題にもなりません。
食用として品質管理されていない証拠です。

中国製という危険なキーワード

昆虫ゼリーの大半が中国製です。
一部のマニアが使用する“国産ゼリー”というものがあります。中国製への不信感が高まる中、国産に拘るマニアも増え需要は高まっています。
しかし、マニア向けの通販ではなくホームセンターなどで販売される昆虫ゼリーの大半は“中国製”です。
販売者は国内企業になっていますが、製造は中国なのです。
人体に影響のない成分でレシピを出しても、そのとおりにやってはくれないのが“中国”です。食品として輸入したものですら、腐った肉を混ぜたり、なんなら農薬混ぜてみたり。
これが人間が食べないことを前提にした“昆虫ゼリー”だったら?
なにを混入されているかわかりませんね。原料への信頼性なんて皆無です。

食べないことが前提の中国製!
食べたいですか?

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします。

取材・調査費支援のお願い

スポンサーリンク

100%昆虫の力でスマホを充電する【神動画】

【ヘラクレス】エクストリーム蛹室の衝撃【オオカブトムシ】

関連記事

  1. 【声かけ事案】「クワガタあげる!」で虫おじさんが通報される

    ある男性が「クワガタあげる!」と子供に声をかけたところ、通報され「声かけ事案」として情報公開された。…

  2. 血統昆虫は家畜か?

    非常に興味深いブログ記事を読んだ。どしたの?クロエ:馬鹿だけど考えてみたシリーズhttp…

  3. 初心者にオススメ!amazonでクワガタ・カブトムシを買って飼育…

    クワガタムシの飼育 徹底ガイドブック―飼育の基礎と繁殖テクニック実は、通販サイト「ama…

  4. 超絶技巧でカブトムシを描く女性アーティストのテクニックとは?

    絵の上手い人は世界中に巨万といますが、この人は「上手い」を超越しています。なんと「小さな文字」そ…

  5. パトカーグリル

    昆虫密輸や規制昆虫飼育をカッケーと思ってる人達

    昆虫飼育・販売で摘発される事案が相次いでいる。5月にはゴライアスオオツノハナムグリを密輸した…

  6. テナガコガネ飼育で逮捕、9人から計174匹を押収

    虫の標本 テナガコガネ C.parryi特定外来生物に指定され、国内での飼養や所持、運搬や売…

  7. 群馬県でオオモノサシトンボ・ゲンゴロウなどが採集禁止へ

    写真:図説 日本のゲンゴロウ2015年5月12日、群馬県自然環境課は希少野生動植物の種の…

  8. ネットリンチを許すな!ギネスにたかる「取り巻き連中」

    事件の詳細をここに書くつもりは無い。あまりにも腹立たしい事であり、これ以上、個人の名誉を傷つけた…




▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

カテゴリー

PAGE TOP