東京新聞・望月記者がデマ拡散「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」削除逃亡←ネットの轢き逃げ


東京新聞・望月記者「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」デマを拡散して逃亡←ネットの轢き逃げ

 池袋での暴走事故に関して、運転者の親族に関するデマが拡散されている。
 匿名ブログ「ほわほわブログ」が4月29日に投稿した記事「飯塚幸三の息子は飯塚洋(安倍晋太郎・晋三の秘書)!孫はレイプ犯?」(魚拓)で、運転者の親族について息子は「安倍晋三首相の政策秘書を務めていた」孫は「13歳少女を監禁暴行する事件を起こしていた」と言う内容が掲載されツイッターを中心に拡散されている。ここで息子・孫として名前が上がっている人物は暴走事故の運転者とは無関係で、情報ソースとして引用している週刊ポストにも別人であることが容易に判断できる記述があったが、意図的にその部分が無視されている。

 この問題を取り上げた大手ネットメディアのバズフィードは「誤情報」を拡散した国会議員の名前を上げているが、なぜか記事の中では東京新聞の 望月衣塑子記者の名前は出ていない。望月記者はこのフェイクニュースを拡散した張本人であり、影響力から考えても無視できない存在のはずだ。

スポンサーリンク

望月記者の罪を柚木議員に転嫁する

 望月記者が拡散したことはバズフィードの記事以前にスクショが撮られ問題視されている。まとめでも指摘されており記事を書く情報収集の過程で望月記者の名前に当たらなかったというのは無理がある。
※現在はリツイートを削除

※5月4日追記 今も「いいね」は残っている

東京新聞・望月記者がデマ拡散「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」削除逃亡←ネットの轢き逃げ

Twitterカードの表示データは自動で更新される

 謝罪をした柚木道義議員を拡散者としながら、望月記者の名前を掲載しなかったのは「忖度」ではないのか?柚木議員がつるし上げられた理由は、同議員が国民民主党を離党し立憲民主党にも入党していない”無所属”だからなのか?
 これが立憲民主党や共産党に所属する議員であれば吊るし上げられることもなかっただろう。同様に望月記者が産経新聞所属であったなら、記者生命を絶つまで糾弾したのではないか。

 相変わらず身内に甘いバズフィード。
 また、謝罪もせず逃げる望月記者の行為は“ネット上の轢き逃げ”であり“暴走事故”である。

関連:BuzzFeedが捏造疑惑から削除で逃亡!悪質な写真加工、事実無根と指摘されたコンビニ成人誌の記事
関連:米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

共産党・池内さおりが改元に不快感「勝手に区切らないで」←韓国の光復節にはノリノリで参加してたよね?共産党・池内さおりが改元に不快感「勝手に区切らないで」←韓国の光復節にはノリノリで参加してたよね?

速報!辛坊治郎の自室写真に拳銃が写りこんでいる!→通報され釈明「原稿を書いていて目が疲れると・・」速報!辛坊治郎の自室写真に拳銃が写りこんでいる!→通報され釈明「原稿を書いていて目が疲れると・・」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・塩村文夏はネトウヨ「米軍が沖縄から撤退すれば外国が日本にミサイル撃ち込む、国民はギャースカ逃げ回る」過去の投稿が発掘される
  2. 独自スクープ!前夜祭のホテル「野党に比較見積もり出してない、宴会は5千円でも可能」→見積書公開の議員事務所が別物と認める
  3. NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される
  4. 竹田恒泰講演会へのテロ予告を祝福した共産党・柴野あすか市議 削除→謝罪も前川喜平の講演会を固定ツイートにしたままで再炎上
  5. 森ゆうこが記事削除を要請?第三者介し「大変なことになる」→音喜多駿「削除しない、理事会で時間通りと確認されたいう主張もごまかしだった」
  6. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠→「10枚来た」初鹿明博議員の支持者(後援会長か?)「お世話になりました」
  7. 【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす
  8. 長尾たかし議員が暴露!「民主政権の桜を見る会、後援会固めに使うよう党本部から指示があり招待者リストを出した」
  9. 【動画】桜を見る会 民主党政権の議員推薦枠を立民・福山幹事長が認める「数名の議員に対する枠があったと聞いた」
  10. 虎ノ門スタッフが森ゆうこ議員に直撃!スタッフ「高橋教授のあれ、アメリカ時間では?」森「わかんなーい。」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP