東京新聞・望月記者がデマ拡散「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」削除逃亡←ネットの轢き逃げ


東京新聞・望月記者「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」デマを拡散して逃亡←ネットの轢き逃げ

 池袋での暴走事故に関して、運転者の親族に関するデマが拡散されている。
 匿名ブログ「ほわほわブログ」が4月29日に投稿した記事「飯塚幸三の息子は飯塚洋(安倍晋太郎・晋三の秘書)!孫はレイプ犯?」(魚拓)で、運転者の親族について息子は「安倍晋三首相の政策秘書を務めていた」孫は「13歳少女を監禁暴行する事件を起こしていた」と言う内容が掲載されツイッターを中心に拡散されている。ここで息子・孫として名前が上がっている人物は暴走事故の運転者とは無関係で、情報ソースとして引用している週刊ポストにも別人であることが容易に判断できる記述があったが、意図的にその部分が無視されている。

 この問題を取り上げた大手ネットメディアのバズフィードは「誤情報」を拡散した国会議員の名前を上げているが、なぜか記事の中では東京新聞の 望月衣塑子記者の名前は出ていない。望月記者はこのフェイクニュースを拡散した張本人であり、影響力から考えても無視できない存在のはずだ。

スポンサーリンク

望月記者の罪を柚木議員に転嫁する

 望月記者が拡散したことはバズフィードの記事以前にスクショが撮られ問題視されている。まとめでも指摘されており記事を書く情報収集の過程で望月記者の名前に当たらなかったというのは無理がある。
※現在はリツイートを削除

※5月4日追記 今も「いいね」は残っている

東京新聞・望月記者がデマ拡散「池袋暴走の息子は安倍の秘書、孫はレイプ犯」削除逃亡←ネットの轢き逃げ

Twitterカードの表示データは自動で更新される

 謝罪をした柚木道義議員を拡散者としながら、望月記者の名前を掲載しなかったのは「忖度」ではないのか?柚木議員がつるし上げられた理由は、同議員が国民民主党を離党し立憲民主党にも入党していない”無所属”だからなのか?
 これが立憲民主党や共産党に所属する議員であれば吊るし上げられることもなかっただろう。同様に望月記者が産経新聞所属であったなら、記者生命を絶つまで糾弾したのではないか。

 相変わらず身内に甘いバズフィード。
 また、謝罪もせず逃げる望月記者の行為は“ネット上の轢き逃げ”であり“暴走事故”である。

関連:BuzzFeedが捏造疑惑から削除で逃亡!悪質な写真加工、事実無根と指摘されたコンビニ成人誌の記事
関連:米兵に殺害された女性の父親「娘の死を政治の道具にしてほしくない」望月衣塑子「沖縄に米軍基地ガー!」

【活動の支援をお願いします】

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

共産党・池内さおりが改元に不快感「勝手に区切らないで」←韓国の光復節にはノリノリで参加してたよね?共産党・池内さおりが改元に不快感「勝手に区切らないで」←韓国の光復節にはノリノリで参加してたよね?

速報!辛坊治郎の自室写真に拳銃が写りこんでいる!→通報され釈明「原稿を書いていて目が疲れると・・」速報!辛坊治郎の自室写真に拳銃が写りこんでいる!→通報され釈明「原稿を書いていて目が疲れると・・」





最近の記事

  1. 毎日新聞が捏造「前の天皇陛下はいつも座ったままで(首相を)見送っていた」→宮内庁が激怒「上皇陛下に対して極めて非礼で尊厳を傷つける」
  2. ファーウェイに激震!Google Play Store、Gmail、YouTubeなどへのアクセスが不可能に
  3. 公選法違反「#比例は共産党」のハッシュタグを党ぐるみで拡散、小池晃書記局長・山下芳生副委員長ら現職議員も使用
  4. 徹底解説!政府が朝鮮総連を破防法に基づく調査対象団体と閣議決定→ただし「適用団体に」はフェイクニュースである
  5. twitterカードに表示される画像・タイトル情報を変更する方法、間違った投稿や更新時に素早く対応
  6. 蓮舫が首相と芸能人の面会に苦言「中身の政策を伝えない」←立民の芸能人枠代表が蓮舫でボイパのおっくん、現役アナ、筆談ホステスを擁立してますが?
  7. 高須院長「告訴状完成なう」小西ひろゆき議員は禁断の一手へ「悪徳弁護士による被害には、弁護士の懲戒請求ができます」
  8. 共産党前議員「市原(公園)の事故もまたプリウス。オスプレイと同じ構図でないことを願う。」暴走死傷事故の冤罪を疑う投稿
  9. 金子勝さんが自宅階段で転落し入院→安定のアベガー「安倍一味にポアされた」「安倍親衛隊に突き落とされた」
  10. 小西洋之議員が高須クリニックCMを「民放連放送基準に抵触」とツイート→高須院長が刑事告訴を検討→小西「国会でも取り上げる」と恫喝



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP