京都・鴨川が赤く染まった原因は「染色工場などの排水」と判明、管の詰まりによる水位上昇で川に流出

政治・社会

MBSのニュース映像

 京都市の鴨川で川の水が赤く染まった原因について、市は『下水から染色工場などの排水が流れ込んだのが原因だった』と発表した。赤い水を採取して分析したところ、染色工場などから出る「染色排水」と判明、この付近の下水道は大雨などで急激に水位が上がると鴨川に流れる仕組みとなっており、下水が流れる管に30センチほどの木の塊が詰まり一時的に推移が上がり鴨川に流れ込んだようだ。
参考:“赤く染まった鴨川”の原因判明『大雨対策の管が詰まり染色工場などの排水が川に』 | MBS 関西のニュース

有害物質は排水基準値以下

 日本や中国では川が『血』で赤く染まるという伝説や伝承が多くあるが、新型コロナウイルスの感染拡大で不安が渦巻く中で住民も不気味に思ったことだろう。

 京都市という土地柄から、市は原因が染料由来ということは予想がついていたのだろう。鴨川では半世紀前までは染め上げた反物から糊を落とすための工程として「友禅流し」が行われていたが、水質汚染防止法が施行されてからは行われていない。
 市はポンプ車で赤い水を除去するとのことだが、流入した水の有害物質は基準値以下とのこと。

関連:相場より安い?吉本芸人の京都市PRツイート「2回100万円」で市が契約→問題はステマと吉本興業のギャラ配分
関連:京都市長選 共産&れいわが大敗→支持者「日本人はウジ虫が這いまわる安倍腐敗国家で満足なのだ」「ムサシガー!」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

政治・社会京都,染物,鴨川

Posted by ksl-live!