立民・阿部知子議員 小籔千豊のポスターを「グロテスク」と酷評←ルッキズムによる差別表現では?


立民・阿部知子議員 小籔千豊のポスターを「グロテスク」と酷評←ルッキズムによる差別表現では?

 厚生労働省が吉本興業に委託し制作された「人生会議」のポスターに、がん患者支援団体などから批判が寄せられ、自治体へのポスター発送が1日で中止される騒ぎとなっている。

 これに関して立憲民主党の阿部知子衆院議員は「あのグロテスクな厚労省の人生会議のポスター」と酷評する表現をツイッターで用いている。取りようによっては見た目による差別である。


特殊メイクではなく素顔

 ポスターに不快感を示す声として「青みがかった写真で不安になる」などの声があることは事実だ。ふざけているという声もあるが、芸人として表情も豊かな小藪氏としては困ったり困惑した際に見せる表現のひとつである。特殊メイクでもない素顔です。
 ポスターを見て「怖い」「ふざけているのでは」という感想を持つこと自体は悪くないが、その印象をダイレクトに『グロテスク』と表現してしまうのはモデルの人物に対する配慮が足らない。
 阿部氏は医師でもあり、厚労省の進める「人生会議」に疑問を持つのは理解できるが、その政治的な思いを特定人物がメインになっている写真にぶつけるのは如何なものだろうか。

あのポスターはリアル

 近親者の延命と最期をどう看取るかで苦悩し、一度は誤った判断を伝えてしまった経験のある筆者としては、あのポスターがうれしかった。こういった親子の会話はほとんどが冗談を交えないと行えず、いざ意思疎通ができない状態となったときに本当に自分の認識が正しいのか迷いパニックになるものだ。
 そういった経験から、あのポスターを「ふざけている」と見るならそれは正解だと思う。家族なんてそうそう真剣に話し合いません。特に親父はふざけるんですよ。もし自分が意思疎通できない状態に陥ったとき、あのポスターのようなことを思うのではないだろうかと、いい意味で不安になり”人生会議”をする機会になるのではないか。
 抗議した団体は「意識のない息子の前で冗談なんて言わない」と決めつけてますが、それはどうでしょうか?よほど上品な家庭ならまだしも、うちのような田舎者家族ならやりかねませんよ。

 病気で家族を亡くした遺族が傷つくというが、そうなることを今はリアルに考えられない平和な家族に対する警鐘が目的である以上、あれは正しい啓発だったのではないだろうか。

関連:報道特集・金平茂紀 台風被害で壊れた豚舎に「豚たちが解放された」逃げた豚を撮影し不謹慎投稿
関連:【動画】モーニングショーで羽鳥慎一が不謹慎発言「来い!来い!(台風)19号!」ラグビーW杯、雨天中止で日本が1位通過

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

防衛省統合幕僚監部「ピースボートを護衛しました。感謝の横断幕に乗員も元気をいただきました。」←辻元さんからも感謝の言葉が欲しい防衛省統合幕僚監部「ピースボートを護衛しました。感謝の横断幕に乗員も元気をいただきました。」←辻元さんからもお言葉が欲しい

取材拒否!立憲・安住国対委員長「ホテル会場費単価2000円」のパーティー問題に説明責任果たさず逃亡取材拒否!立憲・安住国対委員長「ホテル会場費2000円」政治資金パーティー問題に説明責任果たさず逃亡

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP