東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス


東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス

 東京新聞14日の夕刊に掲載された英国のヘンリー王子とメーガン妃の写真が、ロンドン市内の人形館に展示された「ろう人形」であったことが判明し話題になっている。

訂正 14日夕刊1面「英国王『引退』を了承」で使用した写真は、ロンドン市内のろう人形館に展示されているヘンリー王子とメーガン妃のろう人形の写真でした

過去には時事通信が同じミス

 このろう人形はロンドンの観光名所にもなっている「マダム・タッソー」で撮影されたもので、9日に同館が展示場所を王族とは別の場所に移動したというニュースが話題となったことから、この写真を誤って使用してしまったようだ。

 過去には時事通信が同じミスで誤配信をしてる。

ウィリアム王子の写真、本物ソックリ「ろう人形」だった 時事通信が誤配信 : J-CASTニュース
時事通信が2014年11月27日に配信した英ウィリアム王子の写真が、実は本人ではなく精巧に作られたろう人形の写真だった。写真は「時事ドットコム」にも掲載された。各紙報道によると、ウィリアム王子が日本に初来日予定という記事に、米ニューヨークのマダム・タッソーろう人形館でEPA通信が10月に撮影したものを誤って付けた。担当者が英文の写真説明をよく確認しなかったのが原因で、別の社員が28日に間違いに気づいたという。

 非常に精巧に作られた人形で、写真だけでは判別できないとして東京新聞を擁護する声もあるが、9日に「ろう人形を移動」というニュースが話題となっており、その際に使用された写真や映像と背景まで一致することを考えるとお粗末なミスと言えるだろう。

関連:東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
関連:朝日新聞の捏造「憲法審査会 改憲を巡り安倍総理と距離を置く石破氏、激怒して同僚議員の静止を振り切り途中退出」←最後までいました

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到

立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP