【動画】山井和則さん「WHO事務局長は多額の寄付でリップサービスする」つい本当のことを言ってしまう


【動画】山井和則さん「WHO事務局長は多額の寄付でリップサービスする」つい本当のことを言ってしまう

 野党共同会派の山井和則衆院議員は17日の厚生労働委員会で、WHOのテドロス事務局長の日本に対する高評価について「多額の寄付をしている。リップサービスで言ってる面がある」との考えを示した。
 要するに「WHOは金で買える」ということでしょうか。

とにかくいろいろと間違っている

 毎度のことであるが、山井氏の質疑は間違いが多い。
 WHOのテドロス事務局長が発表した談話には「症状が出た患者のみ検査を推奨する」とWHOが補足を付けて協調しており、無制限に検査することは推奨していない。
参考:WHO Director-General’s opening remarks at the media briefing on COVID-19 – 16 March 2020

 IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長に関しても「”アメリカ”のバッハ会長は」と力説しているが、名前からもわかるようにバッハ会長はバイエルン生まれの生粋のドイツ人だ。
 入念な確認をせず勢いだけでものを言っている証拠だ。

 最初は「事務局長が日本の検査数の少なさを指摘している」と加藤大臣を責めておいて、日本の封じ込めを事務局長が評価していると反論を受けた途端に「多額の寄付でリップサービスしている」と苦し紛れの言い訳をするのも矛盾している。事務局長が寄付金で日本に忖度しているなら、日本に対して検査数が少ないことを指摘したという論拠が崩れる。

 山井氏のように入念な下調べと論点整理をしないまま質疑されては、時間の無駄どころか新型コロナウイルス対策の足を引っ張るだけだ。

関連:【動画】加藤厚労相も苦言!山井和則さんが国会でデマ「和歌山県で安全宣言が出た!」「検査数が公表されていない」
関連:山井和則議員が質問中に委員会室を飛び出すハプニング「大臣の答弁がダメ!ウワー!」→連れ戻されるも「ギャー!」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

【動画】立憲民主・川内博史「オスプレイは15トン、鉄は1トン1万円だから本当は15万円なんですよ」立憲・川内博史、ついに言い切ってしまう「新型コロナと闘うとか敵という言葉は差別や人権侵害に繋がりかねない」

【動画】国民・原口一博国対委員長が安倍内閣を「日光猿軍団」に例える→立憲・川内博史「サルに失礼ですよ」【動画】国民・原口一博国対委員長が安倍内閣を「日光猿軍団」に例える→立憲・川内博史「サルに失礼ですよ」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP