【動画】フェイクニュースを指摘されたマスコミが逆ギレ「河野大臣!裸の王様になってませんか!」イージス配備断念の誤報巡り会見で応酬


 河野太郎防衛大臣は15日の会見で、イージスアショアの新屋(秋田市)配備断念のフェイクニュースについてテレビ東京記者から問われ「多くの方に迷惑がかかった報道」と答えた。
 このやり取りに対して共同通信の記者が「事実と違うと断言できるのか」「将来的にそうなったらどうする」と噛みつき、最後には「大臣、裸の王様になってませんか」と吐き捨てる場面があった。

話の通じない共同通信記者

 イージスアショアの配備断念は読売新聞の報道を皮切りにNHKなどが報道していたが、河野大臣はこれを「フェイクニュース」と繰り返し否定していた。

 共同通信の記者は「将来的に新屋の配備を撤回したらフェイクニュースではない」という主張のようだが、これは現在のマスコミの悪癖を表す象徴のような考えだ。

 この記者の言っていることは、例えるなら以下のようなものだ。

記者「大臣、今朝は焼肉食べましたか」
大臣「食べてません」
記者「将来的に食べたらどうするのですか」

 マスコミの願望を「関係筋の情報」として流し、それを契機に反対運動などを煽って実現しようとする。今回のイージスアショアを巡るニュースも、結果的に今も断念していないのだからフェイクニュースは確定している。今現在の防衛省の方針が「新屋に配備」であっても、フェイクニュースを流して将来的に配備断念させ大臣に責任を取らそうという悪質な手口だ。

 もし記者が真面目にあの食い下がり方をしているなら、共同通信は再教育をしたほうがいいだろう。

関連:新人おじさん「河野太郎が韓国外相に金時計をひけらかし!恥を知れ!」→河野太郎「竹製ですが、何か?」
関連:世耕大臣「共同通信は歪曲した報道はやめて欲しい」共同通信「中国の胡副首相、日韓問題でRCEP交渉を停滞」発言の事実なし

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

無責任野党の嘘がまたバレる!野党「森大臣呼べ!審議拒否だ!」→足立康史議員「副大臣や政務官に通告せず、呼ばなかったのは野党なのに」

森ゆうこ議員が検察庁法改正案で沈黙する理由→民主党政権時「検察と民主党政権の全面戦争」を宣言、同僚逮捕と小沢の強制起訴に政治介入を試みた過去

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP