山尾志桜里さん、本当のことをバラしてしまう「野党はなぜ改憲議論しないか?→議論すると共産党から対立候補立てられちゃうから」

政治・社会

 国民民主党に入党申請をした山尾志桜里衆院議員が30日、野党が改憲議論をしない理由について「議論すると共産党から対立候補立てられちゃうから」とツイッターに投稿した。

これ、分かりやすい記事!

Q:野党はなぜ改憲議論しないか?
A:議論すると共産党から対立候補立てられちゃうから。

補足:共産党が候補者たてるのは構わないのよ、政党の自由な判断だから。ただ、改憲議論するからっていう理由が頂けないのと、これがこわくて議論しない議員が頂けない、ということ。

議論拒否をベースにした野党共闘では、日本社会はよくならないよ。

共産党だけが得をする野党共闘

 日本共産党愛知県委員会が次期衆院選の公認候補を29日に発表し、その記者会見で石山淳一・書記長が7区の山尾志桜里氏が改憲議論を進めようとしているとして「野党統一候補にはできない」と発言したことを受けての投稿だ。

 立憲民主党の枝野幸男代表も過去に「改憲私案」を発表するなどしていたが、共産党との共闘で議論に参加することを避けるようになっている。衆議院での憲法審査会もなにかと野党が理由を付けては開催が阻止され、参議院では2年以上も開催がされていない。

 山尾氏は立憲民主党在籍時から「議論はしましょう」と呼びかけていたが、共産党に気を遣う党執行部と改憲に反対する辻元清美国対委員長(当時)と対立する結果となった。

 共産党と手を組むとこういうことになる。共闘とは名ばかりで、共産党は比例票で幹部の議席が確保され選挙区の候補を取り下げるので供託金もかからない。損をするのは旧民主との面々だ。

関連:おしゃべり蓮舫さん、憲法審査会開催の提案に「黙れ、と言いたくなった」→国会での馬鹿話を謝罪しなかったのは誰?
関連:原口一博議員から共産党様へ「裏切ったら許さない議員に私の名前も。ご支持いただいたから得票ができた」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で