原口一博さんの新作ポエム「灰色に灰色を 混ぜたら 何になる」→また悪夢の民主党ができるんじゃないですかね?


 政界きってのポエマー、国民民主党の原口一博衆院議員が新作のポエムを発表した。

夏の来ない7月に

夏の来ない7月に
梅雨の明けない都会の空に
禍々しきもの
降り来り

空のない7月に
恐怖を喰らう都会の雲に
愚かさを集めたら
何になる

灰色に灰色を混ぜたら
何になる

夏のない7月に
誰もいない砂浜の
黒い砂は嫌いだよって
汚された海の
黒い砂はごめんだよって

虹の松原の
海越え来る
青い風

照りつける
太陽に
真っ白な砂浜が
眩しかったね

夏の来ない7月に
どうしてこんな都会にいるのだろう
梅雨の明けない都会の空に
閉じ込められているのだろう

灰色に灰色を
混ぜたら
何になる

立憲との合流を暗示か?

 相変わらず意味が分かりません。
 なんとなくコロナ禍の東京と原口議員の故郷である佐賀県を対比した感じなのだろうか。

 また、以下の一節は立憲民主党との合流のことだろうか?

空のない7月に恐怖を喰らう都会の雲に愚かさを集めたら何になる

灰色に灰色を混ぜたら何になる

夏のない7月に誰もいない砂浜の黒い砂は嫌いだよって汚された海の黒い砂はごめんだよって

 愚かさを集めて灰色と灰色を混ぜると民主党ができ、汚された黒い砂とは即ち民主党政権なのだろう。

 あと「都会の雲」とは蓮舫さんが詳しい“クラウド”のことでしょうか?

 やはり一流の詩人が紡ぐ言葉は味がありますね。
 凡人の僕には(恥ずかしくて)真似できません。

関連:国民・原口一博さん「民主党政権の悪評は自民党が電通を使って作り上げた」→2016年の原口「民主党政権の反省は謝罪で終わらない」
関連:原口一博議員「ゴーン氏はコストカッターではなく日本的経営の伝統を更に磨き上げた経営者」←総務大臣時代に派遣村を訪問したことはもう忘れた?

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

命の選別騒動で露呈した?れいわ新選組の本性 アイツを引き入れたのが間違いだった【マガジン15号】

西日本新聞記者「韓国の少女像に日本政府が強く抗議するのは適切ではないとの指摘がある」→誰の意見でしょうか?

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP