【動画】岸田文雄前政調会長「バナナはおやつに含まれません」ライブ中継で視聴者から質問、誠実に答える

政治・社会



 自民党の岸田文雄前政調会長は5日、自身のYouTubeチャンネルで視聴者からの質問にライブで答える配信を行った。

 その中で視聴者からの「バナナはおやつに含まれますか?」という質問に対して岸田氏は「含まれません」と回答した。昭和30年代中頃までバナナの輸入規制があり高級品として扱われていた歴史などを理由として述べたが、あまりにも丁寧に誠実に答えようとする岸田氏に対して司会を務めた村井秀樹衆院議員(埼玉1区)は「私が振ってしまって、すみません。真面目にお答えいただいて」「私が悪かったです」と岸田氏の人柄について視聴者に理解を求めた。
(動画開始30分50秒から)

貴賤上下なく接する岸田氏の人柄

 こういう回答に関しては賛否あるだろうが、これが岸田氏の人柄である。

 筆者がお会いした際にも、タイトなスケジュールのなかでご挨拶だけでもと思い名刺交換していただいたが、気さくに応対して下さり「インターネットの普及でメディアが中央に集中せず、地方からも発信できるようになった。良い時代になったね」と声をかけていただいた。

筆者撮影(宮沢元経産相と岸田氏)


 また演説現場では、終了後に宮沢洋一元経産大臣と談笑する姿が支援者に目撃され「この二人が話してるのってなんだか凄い」と驚かれていたが、それに気付いた岸田氏は「だって僕たち従兄弟同士だから。仲良しだよ」と声をかけ「いっしょに写真撮ってよ」と自ら記念写真を求めていた。支援者からすれば岸田・宮沢両氏と写真を撮るのは緊張で震えるような体験だろう。

 一部ではお堅く話下手だという誤解をされているが全くそんなことはなく、総裁選では岸田氏の誠実で優しい人柄がどれだけ伝わるかが重要なポイントとなりそうだ。

関連:島耕作が新型コロナ感染→岸田前政調会長「報道としては承知している」「どんな世界の人間でも感染リスクある」
関連:予測されていた菅総理の不出馬、知らなかった野党幹部「とりあえず怒っておこう」慌てふためく姿が哀れ【マガジン125号】

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で