元朝日新聞・鮫島浩さん提案”影の内閣”が大炎上「小沢一郎副総理、小川淳也官房長官、前川喜平文科相、コロナ相に保坂世田谷区長」

政治・社会



 元朝日新聞記者の鮫島浩氏が提案した野党の"影の内閣"に批判が殺到している。名前の上がった人物が、ことごとく多くの批判を浴びている人物で、元新聞記者とは思えない人選だ。


世論を無視した問題内閣

 立憲民主党がネクストキャビネット(次の内閣)を発表していないことは確かに問題だ。自分たちの政権構想を示せないままで政権交代を叫ばれても不安でしかない。

 枝野代表が次の内閣を発表できない理由は、立憲民主党の中心人物が民主党政権と完全一致していることから新しさを示せないことにある。そういった事情から鮫島氏としては民主党政権とは違うメンバーを並べたつもりなのだろうが、ネット上で批判されている人物をわざわざ集めたようにしか見えない。

 まず田村智子参院議員の入閣は、枝野代表が共産党との連立を明確に否定しているのでありえない。これをやったら支持母体の連合に完全に見限られ崩壊する。小沢一郎衆院議員に至っては20年以上も委員会質問に立たず質問主意書を1本も書いていない。そんな人物を副総理にすれば"院政"と揶揄されるだけだ。小川淳也衆院議員に関しては野党支持者からの人気は高いが、とにかく失言が多くここ1年間で何度謝罪動画をアップしたか。前川喜平氏など論外で、文科省の天下り斡旋問題で退官したのに文科大臣になれるはずがない。保坂区長は感染爆発の東京で、ぶっちぎりの感染者数を出している。こんな人物をコロナ担当相にしたら、コロナで亡くなった方の遺族がどう思うか。児玉龍彦教授は原発事故による放射能の影響に関する見解で批判する識者も多く、専門家会議の座長にしても国民が提言を受け入れないだろう。

 鮫島氏のズレた感覚は朝日新聞で培ったものだろうか。それともズレていたから退職したのか。

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で