蓮舫さん「批判は良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定することです」→批判して悪く言ってるところしか見たことがない

政治・社会

武漢からのチャーター便が到着→蓮舫の第一声「桜を見る会がー!」予算委員会で一言も触れず

 立憲民主党の蓮舫参院議員は1日、衆院選の惨敗を受け党内で「批判政党」のイメージ払拭を訴える声が上がっているという記事をツイッターで引用し「批判は「良い所、悪い所をはっきり見分け、評価・判定すること」です。」とコメント。批判には行政監視の役割があるとの考えを示した。


批判一辺倒のイメージは誰のせい?

 立憲民主党は批判ばかりだという指摘に対して、法案への賛成率などを示して反論するパターンが散見されるが、批判と抵抗に割く時間が異常に長く、テレビ入りの予算委員会では蓮舫氏らが批判一辺倒の質疑を繰り返すことが有権者から敬遠されているのだ。

 実際に批判ばかりというイメージを作っている張本人が蓮舫氏であり、そう思われないようにする努力をせず「自分たちは正しい、誤解されている」と居直り、今度は有権者やメディアを批判し始めるのだからさらに始末が悪い。

関連:ブーメラン!蓮舫さん、文通費100万円を批判「あり得ません」→福山幹事長が民主党政権の日割り除外を謝罪「立法府として問題だった」
関連:蓮舫さんがまたブーメラン!枝野代表の辞任に「お支えきれず忸怩たる思い」→2週間前「自民党は支持率の下がった菅前首相を守れなかった。総裁を守れない党に国民を守れるわけがない」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう