ヤフー防災速報が誤配信「【政府発表】ゲリラや特殊部隊による攻撃が発生しました【対象地域】日本全土」9月には阿蘇山噴火の誤配信→翌月、本当に噴火

マスコミ・報道



 ヤフー株式会社が提供する「Yahoo!防災速報」などのプッシュ通知で、22日午後3時13分ころ「ゲリラや特殊部隊による攻撃が発生しました」というテスト配信を一部のユーザーに誤配信するトラブルが発生した。ヤフーは公式サイトやアプリのお知らせで「このような事実はございません。お客様にはご迷惑おかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。」とお詫び文を掲載している。
【おわび】防災速報アプリでの誤ったプッシュ通知の配信について – 防災速報からのお知らせ

9月にも阿蘇山噴火の誤配信

 ヤフーでは今年の9月9日にも「阿蘇山噴火」や「津波注意報」の誤配信をするミスがあった。原因は今回と同様で、テスト中のミスだったという。
参考:「阿蘇山で噴火」プッシュ通知をヤフーが誤配信 Twitterでは戸惑いの声 原因は人為的ミス – ITmedia NEWS

 この翌月には実際に阿蘇山で中規模噴火が発生しており、誤報による「オオカミ少年」も懸念される。
参考:熊本 阿蘇山で噴火発生 気象庁 噴火警戒レベル3に引き上げ | NHKニュース

 東日本大震災では、東北地方の津波への警戒心が高くすぐに避難が始まったが、それ以前の他の地方では津波注意報が発せられると、海外付近や港に野次馬が集まるという現象が問題になっていた。誤報ではない実際の災害警戒情報でも、被害が出ないことが続くと「オオカミ少年現象」が起こる。ここに誤報まで混ざってくると、さらに深刻な事態に陥る危険性もあり、サービスを提供するヤフーには細心の注意を払ってもらいたい。

関連:壇蜜を自民党が参院選擁立へ→誤報、2016年の東スポ記事を誤配信
関連:共同通信が誤報「豪、ワクチン未接種者に外出制限」→オーストリア(欧州)をオーストラリア(豪州)と誤認

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう