立憲・田島要ネクスト経産大臣、鳩山元総理の統一教会陰謀説に同調「ロゴマークまでとは…偶然の一致とは思えません。もう本当に怖いですね…」

政治・社会



 立憲民主党の「次の内閣」でネクスト経産大臣となった田島要衆院議員は16日、鳩山由紀夫元総理が投稿した旧統一教会を巡る陰謀説に「確かにここまでくるともう本当に怖いですね…」と同調した。
 鳩山元総理の投稿は以前からSNSで流れている内容で、稚拙な陰謀説として否定されている。


ラサール石井も流布した陰謀説

 旧統一教会と自民党のマークに関する陰謀説は、過去にタレントのラサール石井がツイッターに投稿し批判を浴びている。

 旧統一教会のマークは「神を家族が囲む」という絵柄であるが、自民党のマークの意味は公式ホームページよると「二人は、親子であり兄弟であり、友人同士、隣人同士であり、日本と隣国であり、日本と世界でもあります。その上に輝く太陽は暖かく平等な愛情を降り注いでいます。」と説明されている。家族と家庭に拘る旧統一教会と違い、自民党は隣人、隣国、世界にも平等に愛情を降り注ぐというもの。

 そもそも旧統一教会は自民党を支持する団体の中では規模も影響力も低く、他の大きな団体を差し置いてシンボルマークを同一にするわけがない。ネクスト経産大臣がこの程度のことも判断できないことからも、立憲民主党が悪夢の民主党政権となんら変わりない評価を受けるのも当然と言えるだろう。

 ちなみに田島氏は旧統一教会の関係者にパーティー券を購入してもらっていたことが分かっている。

関連:自民党と参政党に旧統一教会と共通点?ラサール石井の卑怯な陰謀論
関連:立憲民主党と旧統一教会の関係が次々と判明!パーティー券の購入、日韓トンネル会合に出席、5年連続の祝電など多数議員が関係

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう