野田佳彦元総理が明かす尖閣国有化の舞台裏、石原慎太郎氏との交渉を園田博之氏が仲介

政治・社会



 立憲民主党の野田佳彦元総理は20日、9月11日で尖閣国有化10年を迎えるあたり当時の状況を詳細に綴ったブログを公開した。


園田博之氏と石原知事を説得

 ブログでは当時の石原慎太郎都知事が尖閣を都で購入する計画を進めていることを受け「領土保全は、そもそも国がやるべき仕事だ。」として、長浜博行官房副長官を地権者担当に、長島昭久総理補佐官を東京都担当に決め、外務省が中国へ意義を伝える役割だったことが明かされている。

 また、当時の石原慎太郎都知事を説得するにあたり、2018年11月に亡くなった園田博之氏(当時、たちあがれ日本)が仲介役となり、最初の交渉にも立ち会っていたという。

関連:立憲・野田佳彦元総理が国葬儀出席の意向「葬儀に出ないというのは私としては人生観から外れる」野党支持者から猛バッシング
関連:自衛官の息子・野田佳彦「あなたのお父さんは人殺しを仕事にしてると言った教師、そういう雰囲気あった」

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう