立憲民主党区議「前川喜平さん、はじめまして。うちの泉がこのたびは申し訳ございません。」代表の乃木神社参拝を勝手に謝罪

政治・社会



 立憲民主党の滝沢やすこ区議(江戸川区)は3日、泉健太代表が乃木神社を参拝したことを批判する前川喜平氏に対して「前川喜平さん、はじめまして。立憲民主党の一員です。うちの泉がこのたびは申し訳ございません。」と謝罪するツイッター投稿を行った。


自らの方針に首を絞められる

 こうも簡単に党の大将を売って元文部科学事務次官に媚びへつらうことを、恥じとも思っていないようだ。そもそも区議と言えども乃木神社を参拝することを、まるで悪いことであるかのように勝手に謝罪してしまうことが間違っている。

 旧統一教会問題を野党が追求し始めて以降は、信教や内心の自由にまで踏み込んだ政治批判が公然と行われるようになってしまった。ある意味で泉代表は自らの党方針に首を絞められたようなのものだ。

関連:前川喜平「それでも、サントリー一人不買運動は続けます」→ラブオンザビーチのビールはサントリーのモルツでした
関連:前川喜平、安倍元総理殺害に「悲しいとは思わなかった」武蔵野政治塾会場から拍手と笑い、立憲の五十嵐えり都議も肩を揺らして笑う

皆様の支援が必要です KSL-Live!からのお願い

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細

【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

OFUSEで支援する

このサイトをフォローしよう