弁護士が和田政宗議員を中傷する投稿、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」


弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」

 自民党の和田政宗参院議員は18日、沖縄県の弁護士男性から事実に反する内容で誹謗中傷を受けたとして、弁護士を通じ何らかの措置をとることをSNSで明かした。

この小口幸人という人物は弁護士だそうですが、事実に反することを拡散し、私を誹謗中傷しています。

平成28年に、キャンプ・シュワブゲート前に設置された違法テントの道路を挟んだ向かい側で、「合法的な活動を」と呼びかけた私の正当な政治活動に対し…

参議院議員 和田政宗さんの投稿 2019年6月17日月曜日

 和田氏を中傷した弁護士は「座り込みの老人たちを挑発して、沖縄戦生き残りで辺野古在住の87歳のおばあさんを怒らせ、興奮したおばあさんから「暴力」をうけたと警察に訴えた。」と投稿し、和田氏に投票しないよう呼びかけていた。(記事執筆段階で削除はされていない)
追記:現在は削除、または非公開になっている

スポンサーリンク

投稿内容は事実に反するが暴行は事実

 2016年、当時は日本のこころ所属であった和田氏は党員らに随行され基地反対運動の現場を訪れ、合法的な活動をするように呼び掛けたが基地反対派から襲撃され、和田氏と随行の男性が暴行を受けている。この際に、87歳のおばあさんから暴行を受け被害届を出したのは別の男性であった。
 そのときの様子がYouTubeにアップされている。(閲覧注意!後半にプラカードの角で顔面を殴るシーンがあります)

 後に、この事件で3名の男性活動家が書類送検され「和田政宗参院議員らへの暴行容疑」と報じられているが、件の「87歳のおばあさん」は事情を聴かれたのみで前述のとおり被害届を出したのは随行した別の男性である。
参考:和田政宗参院議員らへの暴行容疑で辺野古活動家3人を書類送検 – 産経ニュース

 事件発生当初から和田氏を批判するブログ記事などが拡散され、随行した人物や関係者らは「事実に反する」と自信のSNS等で抗議の発信をしていたが、デマ拡散は収まるどころかむしろ意図的に「和田政宗が老婆を訴えた」と拡散され続けた。
 これが、来月の参議院選挙に比例代表で出馬予定の和田氏に対する落選運動に利用されたのであれば、和田氏側が厳しい姿勢で対応するのはやむを得ないことだろう。

関連:#MeToo 辺野古の反対派によるセクハラ発生!「反対運動のおっちゃんから胸を露骨に揉まれて屈辱」
関連:【動画】和田政宗議員を襲撃した沖縄基地反対派の3人を書類送検、カメラが捉えていた暴行の一部始終

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索本当に消えた?水中脱出マジックで人が消える→そのまま現れず行方不明として警察が捜索

有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!立憲・有田芳生議員のツイートに批判殺到、地震発生直後から無関係の首相批判や県議選候補の宣伝を繰り返す




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 単位もスペルも違う?韓国紙「タンザニアが竹島は韓国の領土記念コイン発行」→同国政府は発行を否定、検証からある仮説が浮かび上がる
  2. 東京新聞・望月記者「輸出管理強化で韓国からの訪日客が減った」菅長官「逆に中国から11%も伸びてるので問題なし」
  3. 野党議員が暴露!モリカケ追及はテレビ局からの依頼「番組Dからテレビで流すので国会でやってほしいと要望あった」「局とテレビに映りたい政治家の共同作業」
  4. 検証!BuzzFeedが報じた在日3世のスピーチに捏造発覚「ナチスみたいにガス室に送る、この国はきっとやる」カットしてつなぎ合わせ
  5. 立民・初鹿明博議員が旭日旗持ち込み問題でデマ「北京五輪では日本大使館が呼び掛けていた」←中国国内では襲撃されるから
  6. 東国原英夫が金慶珠を罵倒→小島慶子「エリート韓国人にたたき上げの日本人がガツンと言えば喝采されると踏んだのかな」これこそ差別
  7. 引退発表の阪神メッセンジャーに国民・前原誠司さん「阪神でなければ100勝は軽く超えていたでしょう」
  8. 足立康史議員が関西生コン逮捕者数を公開「正確には57名です。(再逮捕等含め)延べ人数は87名」
  9. 社民・吉川幹事長「第4次安倍内閣、人材の払底感が極まっている」←たった4人の社民党が人材を語るかね?
  10. またTBSでヤラセ発覚「クレイジージャーニー」事前に準備した爬虫類を放ち捕獲する仕込み繰り返す→番組休止へ



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP