立憲・有田芳生議員のツイートに批判殺到、地震発生直後から無関係の首相批判や県議選候補の宣伝を繰り返す


有田芳生さん与党議員を「外人部隊」と誹謗しておいて蓮舫へのヤジ「二重国籍」はNGのダブスタ!

 18日22時22分頃、新潟県で最大震度6強を観測する地震が発生し、山形県、新潟県、石川県能登に津波注意報が発令された。発生直後から国会議員などが身を守る呼びかけを行い、立憲民主党では福山哲郎幹事長の指示により、発生から8分後の22時30分に情報連絡室を設置した。

 しかし、党が連絡室を設置したのと全く同じ時間、同党の有田芳生参院議員は朝日新聞の記事を引用し安倍首相の写真に「この表情」というコメントを付けてツイッターに投稿している。

 被害状況も分からない緊急事態に、まさかの安倍批判。この投稿には多くの一般人から批判が寄せられているが、本人はそれらの声を嘲笑うかのように今度は県議選の予定候補の宣伝を始めている。


鬼怒川決壊でも不謹慎投稿

 有田議員は前述の参院選候補者の宣伝投稿以降も政府批判関連の投稿やリツイートを行っている。もう意地になっているとしか思えない。

 2015年には鬼怒川が豪雨により決壊した数日後に国会前デモに参加、警備を突破した群衆がなだれ込む様子を写真とともに「桜田門、決壊! 」とツイートして批判を浴びている。

 災害発生時は、被災地以外での「自粛」はせず、できるだけ普段どうりの生活を営むことが結果的に被災地のためになると言われているが、発生直後に国会議員が「安倍批判」と「選挙宣伝」というのは如何なものだろうか?

関連:立憲民主党候補「立民のヘイト投稿を教えて」→有田芳生の投稿が殺到→「党に言って、私は議員じゃない」
関連:有田芳生、オウム死刑囚の執行を「安倍案件、ジェノサイド、法相は死神」死刑囚関係者のメール内容も公開

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

弁護士が和田政宗議員を誹謗中傷、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」弁護士が和田政宗議員を中傷する投稿、投票しないよう呼びかけ→和田議員「当方の弁護士より措置を取る予定」

【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」【炎上】新潟選挙区の森ゆうこ議員、地震発生直後「本気の原発ゼロへ!」→津波注意報解除後「津波に気をつけて」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP