CBCテレビ「関係者による投稿と判断、社長が和田政宗議員に謝罪」→和田政宗議員「謝罪を受け入れておらず心外」


CBCテレビ「関係者による投稿と判断、社長が和田政宗議員に謝罪」→和田政宗議員「謝罪を受け入れておらず心外」

 CBCテレビは25日、公式アカウントから和田政宗議員に不適切な投稿が行われた問題について社長が謝罪し、投稿は関係者によるものと判断し調査を拡大していることを明かした。

 7⽉24⽇、和⽥政宗参議院議員に弊社代表取締役社⻑ 林尚樹が仙台市で⾯会し、不適切な投稿について謝罪し、調査の状況を説明致しました。
 調査において、ソーシャルアカウントの管理・運⽤が極めて杜撰で、多⼈数が投稿をできる状態にあったことが分かりました。各種アクセスログの分析や専⾨家の⾒解などから、関係者による投稿と判断し、対象者の幅を広げて更に調査をしております。
出典:株式会社CBCテレビ|ニュースリリース|CBCテレビ報道部公式ツイッターでの不適切な投稿について 2019年7月25日

 これに対して和田政宗議員は「謝罪を受け入れておらず心外」とSNSとブログに投稿し、社長が「選挙の公正と公平を考え、選挙後に来ました」と発言したことに不快感を示した。

スポンサーリンク

CBC社長の謝罪は遅すぎた

 和田政宗議員の投稿は以下、

CBCがホームページに「和田政宗参議院議員に謝罪」と一方的に書いていますが、私は謝罪を受け入れておらず心外です。

一昨日24日にCBC社長の訪問を受けましたが、「選挙の公正と公平を考え、選挙後に来ました」と、とんでもない言葉が社長より出ま…

参議院議員 和田政宗さんの投稿 2019年7月25日木曜日

 和田議員が最も不満を感じているのは、社長が速やかに謝罪に訪れなかった理由を「選挙の公正と公平を考え」とした部分のようだ。和田議員の指摘の通り、選挙中の不適切な投稿によって和田議員の名誉が貶められたのだから、これを速やかに回復するのが筋だろう。比例代表である和田政宗議員の票は他の自民党比例代表の結果にも影響しており軽視できない。

 CBCテレビ社長は改めて謝罪することになるだろう。また、投稿者の特定についても重要であるが、マスコミが偏った思想と姿勢で選挙報道に携わっていることも改善しなければならない。

関連:CBCテレビ報道局が和田政宗氏への中傷投稿を釈明「ツイッター乗っ取られた」と言わんばかり「報道部員が投稿した形跡はない」
関連:新事実発覚!CBCテレビ報道部公式「報ステ富川アナ気持ち悪い」「ネトウヨが静かね。」←これにいいねしたヤツが和田政宗氏を中傷?

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

国民・玉木代表「私は生まれ変わった!憲法改正議論を進めていく!」→野党支持者「裏切者には死を」のハッシュタグで総攻撃開始国民・玉木代表「私は生まれ変わった!憲法改正議論を進めていく!」→野党支持者「裏切者には死を」のハッシュタグで総攻撃開始

ダルビッシュ有が甲子園の開会式に苦言「誰が暑い中入場行進して、知らんおっちゃんの長い話聞きたいねん」ダルビッシュ有が甲子園の開会式に苦言「誰が暑い中入場行進して、知らんおっちゃんの長い話聞きたいねん」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 反安倍ブーメラン「セクシーの意味を安倍政権が閣議決定、恥ずかしい!」→立憲民主党議員が質問主意書を提出
  2. 金平茂紀、朝日新聞のハンセン病家族訴訟の誤報に「この記事が控訴断念のひとつの要因でしょう」←大嘘、朝刊より先にNHKが「断念」と報道
  3. TBSチーフディレクターが派遣ADの女性をホテルに呼び出し裸にさせる鬼畜セクハラ→処分は自宅謹慎と異動のみ
  4. 【非道】台東区がホームレス男性の避難所受け入れを拒否→強風と雨の中、軒下でビニール傘を広げ一晩過ごすことに
  5. 共産・高橋千鶴子が謎のアピール「質問で原稿を持つ手、先月肩を脱臼してた!足が3回つって寝てない!」
  6. これ必要か?神奈川県のダム放水緊急メッセージ、黒岩知事のキリッとした顔写真が気になって情報が伝わらない
  7. 共産党議員が悪質な災害デマ投稿「城山ダムは水害が起こると分かって溜め込んでいた」→前日から徹夜で事前放流
  8. N国党員が台風デマ動画投稿で炎上→削除もせず「面白半分で拡散しないで」「リツイートする暇があったら」と信じた人を責める
  9. ラサール石井「やっていい事と悪い事がないのが表現の自由」→8年前の投稿「浅田真央ちゃんは彼氏作ってエッチして表現力を身につけて」コレやって悪いことだろ
  10. 森友問題決着へ!籠池長男が3対1の対談申し入れ、東京新聞の望月記者・朝日新聞の南記者・元NHKの相沢記者は逃げないで



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP