毎日新聞が架空の少女取材「いじめ受けた17歳」→実際は40代半ばの女性、昨年8月には死亡説「自ら命を絶った」


毎日新聞が架空の少女取材「いじめ受けた17歳」→実際は40代半ばの女性、昨年8月には死亡説「自ら命を絶った」

 毎日新聞が昨年4月に夕刊に掲載した「悩み伝えるシール いじめ受けた10代が販売」で、過去にいじめを受けたとされる17歳の少女が架空の人物であったことが判明した。毎日新聞の取材を受けていたのは40代半ばの女性で、難病を理由に電話での取材しかできず気が付かなかったという。
 いじめなどの悩みを伝えるシールを販売していたもう一人の少女(当時18歳)が、17歳とされた少女と連絡が取れなくなったことを不審に思い、家族を通じて弁護士が調査し発覚、自身のブログで謝罪文を掲載した。毎日新聞でも「確認が不十分だった」として謝罪する記事を5日の夕刊に掲載をした。
参考:毎日新聞、「架空の少女」取材で謝罪 「今後は正確な報道を心がけます」 : J-CASTニュース

スポンサーリンク

昨年には死亡説が流れていた

 毎日新聞では、これまで繰り返し事実確認を行っていたが返答が得られなかったという。どの時点で疑い始めたのかは不明であるが、17歳に成りすました女性側も疑惑をかわそうと必死だったのだろう。

 昨年の8月には「17歳の少女、奈奈さん」とされた架空の人物に死亡説が流れている。
参考:奈々ちゃん | 悪魔のように細心に
参考:奈々ちゃんについて | 悪魔のように細心に

 ブログでも少女を演じており、東大を目指す高校生で難病である全身性エリテマトーデスを患っていたという設定だが、成りすましていた女性が実際に難病であったかどうかは不明だ。自ら命を絶ったという情報のソースも不明であるが、毎日新聞で取り上げられネット上でも話題になったため、架空の少女であることを隠し切れず死亡説を流したのかもしれない。

記事を書いたのは金秀蓮記者

 架空の少女を演じた女性は、以前からトラブルになっていた形跡もある。以下のブログでは、記事を書いた毎日新聞の金秀蓮記者に関することや仲介したとされる人物のことが書かれているが、真偽は不明で憶測も多く経緯が読み取れない。
参考:【野島博之】と【金秀蓮】の関係
参考:★[追記あり] 2018年9月 お姉さんから届いた「アメブロのメッセージ」2通

 毎日新聞に重大な落ち度があったとは思えないが、記事では電話取材であったことは記載されておらず、デザインを担当した実在する18歳ではなく架空の17歳に対面したかのような書き方がされており、記事を執筆した記者が対面取材ができなかったことを隠す意図はなかったのか社内調査が必要だろう。

関連:捏造?朝日新聞の高校野球感動秘話「失明した兄 なんで俺なんだ 決意の弟は同じ野球部へ」←本人が否定「言ってないし思ったこともない」
関連:共産党が拡散 首相答弁動画「富裕層の税金を上げるなんて馬鹿げた政策だ」→捏造と判明!他にも捏造や陰謀論が多数

取材・執筆のご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

世耕大臣「共同通信は歪曲した報道はやめて欲しい」共同通信「中国の胡副首相、日韓問題でRCEP交渉を停滞」発言の事実なし世耕大臣「共同通信は歪曲した報道はやめて欲しい」共同通信「中国の胡副首相、日韓問題でRCEP交渉を停滞」発言の事実なし

百田尚樹「津田大介は百田のサイン本を置いた紀伊国屋書店の不買運動を呼び掛けた、津田大介こそ表現の自由の敵」百田尚樹「津田大介は百田のサイン本を置いた紀伊国屋書店の不買運動を呼びかけた、津田大介こそ表現の自由の敵」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 伝書鳩の鳩山由紀夫「北朝鮮のそれなりの方」に代わって日本を脅す「いざ米朝が戦うとなれば基地を狙うしかない」
  2. なぜか炎上する蓮舫「韓国の一方的な措置に強い抗議を。GSOMIA破棄との間違った判断を改めることを強く求める。」→志葉玲「あー」
  3. 旭日旗Tシャツの米国モデルと韓国ネチズンがバトル→ジョン・レノン息子「旭日旗を見ると子供のころを思い出す。アジアのナチスとか馬鹿げてる」
  4. 新人おじさん「河野太郎が韓国外相に金時計をひけらかし!恥を知れ!」→河野太郎「竹製ですが、何か?」
  5. 立憲・高井崇志議員が韓国訪問と過去の「歴史、慰安婦、独島」発言を全面否定→しかし立民訪韓団の存在は否定せず
  6. 1日で15万人が投票!マスコミによる京アニ放火殺人犠牲者の実名公表申し入れ「反対」が95%、遺族の思い優先する声が多数
  7. 和田政宗議員に暴行した男を公選法違反で書類送検!正体は「団体役員」らしいのでCBCさんに取材してもらいましょう
  8. また?関西生コン支部幹部を再逮捕!ホテル建設工事で現場監督らに因縁つける威力業務妨害「これ、汚水じゃないですか」
  9. 音喜多駿議員「参議院会館のセブンイレブンwww」発注ミスの店長お詫びを笑う



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

PAGE TOP