百田尚樹「津田大介は百田のサイン本を置いた紀伊国屋書店の不買運動を呼びかけた、津田大介こそ表現の自由の敵」


百田尚樹「津田大介は百田のサイン本を置いた紀伊国屋書店の不買運動を呼び掛けた、津田大介こそ表現の自由の敵」

 作家の百田尚樹氏は6日、過去に紀伊国屋書店が「百田尚樹さんにサイン本を作ってもらいました」とツイートしただけで津田大介氏が、同書店のすべての書籍を不買とする運動を呼び掛けたことを例に「津田大介こそ”言論の敵”であり、”文化・芸術の敵”であり、”表現の自由の敵”です。」と投稿した。

 津田大介氏が美術監督を務める美術展「あいちトリエンナーレ 表現の不自由展・その後」で、慰安婦少女像の展示や昭和天皇の御真影が焼かれるなどの演出が問題視され、苦情だけでなく脅迫を受ける事態となり中止となっている。これを受けて関係者らは「表現自由が奪われた」と抗議の声を上げている。

すべては予定通りか?

 同展の中止を巡っては「表現の自由が奪われた」「戦後最大の検閲事件」と騒がれているが、そもそも中止の理由は「脅迫」であり、公権力による検閲が行われたという事実はない。また、芸術監督の津田大介氏は昭和天皇の御真影を焼く演出でテロ攻撃を受ける可能性を事前に示唆し、それを茶化して発言していたことが判明している。
 百田氏は津田氏の発言について「女の子の前だと、ずいぶん偉そう」と評している。

 津田氏に関しては「表現の自由が!これは検閲だ!」と騒ぐことまでが予定であったことを疑われても仕方がないだろう。愛知県の大村秀章知事も脅迫があったことや河村市長から中止を含めた対応の要請があったことばかり強調しているが、天皇陛下の御真影を燃やすことの愚劣さには触れようとしない。

 表現の不自由展は“予定通り”に進んでいるのでは?

関連:あいちトリエンナーレ広報「昭和天皇をモチーフにしていないし写真は燃やしていない」→昭和天皇の御真影に「焼かれるべき絵」
関連:つるの剛士が津田大介に苦言「たとえ近所ても無料でも自国ヘイト作品を展示するアート展なんかに子供連れて行くわけない」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

毎日新聞が架空の少女取材「いじめ受けた17歳」→実際は40代半ばの女性、昨年8月には死亡説「自ら命を絶った」毎日新聞が架空の少女取材「いじめ受けた17歳」→実際は40代半ばの女性、昨年8月には死亡説「自ら命を絶った」

国民・玉木代表、平和式典でのデモに苦言「黙祷の刻も示威行動。あの瞬間だけは静かに祈りを捧げられないものか」国民・玉木代表、平和式典でのデモに苦言「黙祷の刻も示威行動。あの瞬間だけは静かに祈りを捧げられないものか」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP