高須院長「納得できないのでスポンサー降りた」大相撲千秋楽AbemaTV出演に相撲協会がNG!初場所での横審苦言が原因か?


高須院長「納得できないのでスポンサー降りた」大相撲千秋楽AbemaTV出演に相撲協会がNG!初場所での横審苦言が原因か?

 高須クリニックの高須克弥院長は3日、ツイッターを更新し大相撲千秋楽のAbemaTVゲスト解説の出演が相撲協会の意向で見送られたことを明かした。

 スポンサー契約の条件を無視してまで出演を見送った理由は何か?高須院長も指摘しているが、初場所で横綱・白鵬のケガを解説し休場を批判した横審に疑問を呈したことが問題視されたのだろうか?

スポンサーリンク

初場所千秋楽で院長が語ったこと

 高須院長は今年初場所(1月)の千秋楽で、AbemaTVの大相撲LIVEにゲスト出演し、贔屓の力士である勢が額を縫う怪我を負いながら奮闘していることについて「額は大丈夫、出血を止めるためにホチキスでとめることはあるが、縫わなくてもよいこともある」と語っていた。また全勝優勝すると思われた横綱・白鵬がケガによる不調で連敗し休場したことについて「残念だ。」としたうえで「だけど関節だけは無理、親指だけでも全然違ってくる」とも語っていた。
 しかし、場所後の横綱審議員会を終えた北村委員長(当時)が会見で「大ケガをしたように外から見えない。力が落ちてきたという意見はあります」と発言したことに高須院長は白鵬のケガについて「軽くない」と異論を唱えたのだ。

 もし、この”苦言”が問題視されゲスト解説の出演にストップがかかっているならば、日本相撲協会の闇は深い。高須院長は現役の医師として力士のケガを冷静に分析し、ケガを軽視する北村氏に苦言を呈したまでだ。医師として人として正しい判断であり、力士の将来を誰よりも考えた発言だ。
 高須クリニックはスポンサー契約に加え、贔屓の力士に多くの懸賞金も出している。これにより会場に「yes!高須クリニック」のアナウンスが何度も流れ会場は一気に盛り上がっていた。大相撲を熱烈に応援するだけでなく、力士と直接交流し身体のケアにも気を配るスポンサーが他にあるだろうか?
 日本相撲協会にとって大切なものとは何か?ファンに不信感しか与えない協会はどうかしている。

追記:一転して出演が決まったのこと

関連:横綱休場に横審・北村委員長「大ケガをしたように外から見えない」高須院長は中継で「関節の故障は無理」
関連:高須院長「北村委員長のご意見には異論があります」横審の「大ケガをしたように外から見えない」に苦言

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

副町長が公用車(プジョー)で煽り運転?被害者「後ろにピッタリくっつきハイビームで蛇行運転を繰り返した」副町長が公用車(プジョー)であおり運転?被害者「後ろにピッタリくっつきハイビームで蛇行運転を繰り返した」

共産党・小池氏が韓国議員の竹島上陸を批判「力による現状変更を迫る行動、緊張を高める行動をとるべきではない」共産党・小池氏が韓国議員の竹島上陸を批判「力による現状変更を迫る行動」党の見解「日本の領有権、歴史的にも国際法的にも明確な根拠ある」




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 立民・塩村文夏はネトウヨ「米軍が沖縄から撤退すれば外国が日本にミサイル撃ち込む、国民はギャースカ逃げ回る」過去の投稿が発掘される
  2. 独自スクープ!前夜祭のホテル「野党に比較見積もり出してない、宴会は5千円でも可能」→見積書公開の議員事務所が別物と認める
  3. NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される
  4. 竹田恒泰講演会へのテロ予告を祝福した共産党・柴野あすか市議 削除→謝罪も前川喜平の講演会を固定ツイートにしたままで再炎上
  5. 森ゆうこが記事削除を要請?第三者介し「大変なことになる」→音喜多駿「削除しない、理事会で時間通りと確認されたいう主張もごまかしだった」
  6. スクープ第3弾!桜を見る会、民主党議員の出身団体に招待枠→「10枚来た」初鹿明博議員の支持者(後援会長か?)「お世話になりました」
  7. 【動画】足立康史議員「共産党と同じ行動をとるのが死んでも嫌だから」維新が内閣不信任案に反対する理由を明かす
  8. 長尾たかし議員が暴露!「民主政権の桜を見る会、後援会固めに使うよう党本部から指示があり招待者リストを出した」
  9. 【動画】桜を見る会 民主党政権の議員推薦枠を立民・福山幹事長が認める「数名の議員に対する枠があったと聞いた」
  10. 虎ノ門スタッフが森ゆうこ議員に直撃!スタッフ「高橋教授のあれ、アメリカ時間では?」森「わかんなーい。」



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP