批判はするが金は貰う!週刊ポストの「韓国なんて要らない」広告が朝日新聞や毎日新聞にも載っていると話題に


批判はするが金は貰う!週刊ポストの「韓国なんて要らない」広告が朝日新聞や毎日新聞にも載っていると話題に

週刊ポスト 2019年 9/13 号(9月2日発売)に掲載された特集『韓国なんて要らない』が嫌韓を煽っているとの批判を受け、小学館が謝罪をした問題。
 作家らの抗議により新聞各紙もこの問題を取り上げ、毎日新聞や朝日新聞は小学館の認識を強く批判しているが、この2紙にも週刊ポスト当該号の広告が掲載されていたことが話題となっている。


スポンサーリンク

批判はするが金は貰うダブスタ

 週刊ポストの特集については、内容よりも広告の見出しが批判されている。
 実際の表紙と広告を比較してみると、広告のほうが特集が協調されているのだ。
週刊ポスト 2019年 9/13 号 [雑誌]
批判はするが金は貰う!週刊ポストの「韓国なんて要らない」広告が朝日新聞や毎日新聞にも載っていると話題に

 作家らが批判している内容は、すべて新聞広告でも確認できるのだが、これを審査通過させて広告料を受け取った朝日新聞や毎日新聞は小学館を批判できる立場にない。また、この特集で「小学館との取引はしない」と宣言した作家や著名人は、この広告を載せた新聞各紙との取引もやめなければならないはずだが、今のところそのような動きはない。

 作家らは激怒しているようだが、Amazonでは同誌が定価以上の価格で取引されジャンルランキングでも1位となっている。内容を確認したいという人が多いのだろうが、売れ行きは好調のようだ。

 内容について問題視するのも自由だが、取引の停止をちらつかせて言論を封じるのは感心できない。是非とも次の「表現の不自由展」でこの週刊ポストを展示して欲しい。そして広告を掲載した新聞を燃やして灰を踏みつける”芸術”にも期待したいものだ。

関連:これでヘイト?毎日新聞が韓国を風刺した川柳を削除、表現の自由はどこへ?過去には「九条俳句」で裁判も
関連:百田尚樹「津田大介は百田のサイン本を置いた紀伊国屋書店の不買運動を呼びかけた、津田大介こそ表現の自由の敵」

ご支援をお願いします

転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

共産党・小池氏が韓国議員の竹島上陸を批判「力による現状変更を迫る行動、緊張を高める行動をとるべきではない」共産党・小池氏が韓国議員の竹島上陸を批判「力による現状変更を迫る行動」党の見解「日本の領有権、歴史的にも国際法的にも明確な根拠ある」

共産党地区委員長「国民多数に選ばれた政権を実力をもってひっくり返そうとするものを鎮圧するのは当然」共産党地区委員長「政権を実力でひっくり返そうとするものを鎮圧するのは当然」←国会包囲デモに戦車送り込むのか?




全文転載厳禁→引用ルール

最近の記事

  1. 【動画】久兵衛デマの黒岩議員、国会でもデマ「料理を出してないと言い張る、蜘蛛の子逃げるよう」→与党がヤジ→黒岩「ちょっ、委員長、とめて~」
  2. 【動画】森ゆうこ「早く資料を出せ!」大塚拓副大臣「個人情報、うっかり出したでは済まされないので時間を要する」森「・・・」審議ストップ
  3. 堀江貴文さん、鳩山元総理のあたまが腐っていることをズバリ指摘!ホリエモンロケットで宇宙へ帰還させてあげて
  4. 東京新聞・望月記者に疑惑!違法コピーされたテレビ朝日の動画を書き起こし会見で質問→誤報まで完全一致してバレる
  5. 桜を見る会前夜祭の今年の領収書 参加者「入り口で5000円払い、引き換えにホテルからの領収書」「飲食少ない」
  6. ブーメラン直撃!野党議員もニューオータニで1万円以下のパーティー開催、桜を見る会の追及前提が完全に崩れる
  7. 立民・塩村文夏はネトウヨ「米軍が沖縄から撤退すれば外国が日本にミサイル撃ち込む、国民はギャースカ逃げ回る」過去の投稿が発掘される
  8. 独自スクープ!前夜祭のホテル「野党に比較見積もり出してない、宴会は5千円でも可能」→見積書公開の議員事務所が別物と認める
  9. NHKがファーウェイの新型スマホを宣伝「安い!高精細!急速充電!」日本の皆さんへの熱いメッセージも放送される
  10. 竹田恒泰講演会へのテロ予告を祝福した共産党・柴野あすか市議 削除→謝罪も前川喜平の講演会を固定ツイートにしたままで再炎上



▼グループサイト
▼お問合せ・依頼
support(アットマーク)ksl-live.com

最近の投稿

PAGE TOP