関電問題 毎日新聞が元助役の同和案件に言及「解放同盟の差別糾弾闘争を主導し、その威勢をもって町政を支配」

関電問題 毎日新聞が元助役の同和案件に言及「解放同盟の差別糾弾闘争を主導し、その威勢をもって町政を支配」

 関西電力の幹部らが、福井・高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題。毎日新聞は7日の東京朝刊で、金品を渡した元助役を「関西電力エリートを手玉に取ったモンスター」と称し、これまでマスコミのタブーとされてきた「同和案件」についても言及している。

 原発誘致の中心、元助役の錬金術を暴くルポはかねて出版されていた。

 「原発のある風景」(柴野徹夫、未来社、1983年)▽「誰も書けなかった若狭湾『原発銀座』の巨大利権」(一ノ宮美成、「別冊宝島」2011年11月刊所載)――である。

 元助役は、助役に昇任する前、町職員に採用された69年から72年まで、部落解放同盟高浜支部の書記長だった(高浜町同和教育25周年記念誌)。前掲ルポによれば、この人物が、当時の解放同盟の差別糾弾闘争を主導し、その威勢をもって町政を支配した。

 ルポは、関電への原発マネー還流までは触れていないが、元助役が、部落解放運動を利用して自分に刃向かう勢力を退け、関電から裏金を受け取った――という当時の町議らの証言を書き留めている。
出典:風知草:関電高浜問題の意味=山田孝男 – 毎日新聞

日本共産党との対立

 これまでネットでは関電金品受領問題が「同和案件」であることが指摘されていた。故人ではあるが元助役の素性については30年以上前から指摘されていた事実である。毎日新聞が引用したルポだけでなく、日本共産党中央委員会が発行する機関誌『前衛』にも1982年に掲載されている。

 日本共産党と部落解放同盟は1960年代半ばから対立関係にある。現在はほとんど表面化することはないが、今回の関電問題を追及してきたのも共産党市議である。しかし、共産党側もほかの野党との関係性を懸念してか、表立って同和案件であるという指摘はしていない。

火消しに躍起だった著名人は沈黙

 この問題が同和案件であることがネットで指摘された際、マスコミと縁の深い著名人らは「差別だ」と反発し、映画評論家の町山智浩氏などはツイッターでの指摘や言及に「通報しました」と火消しに躍起になっていた。だが、こうやって文献などを示されると反論できず、今回の毎日新聞の記事に言及するものは皆無である。

 これらの人物は結局、大手メディアの顔色を伺いながら発言をしているに過ぎないのだ。この元助役がどうしてこれまでの権力を誇示できて、周囲がそれに従わざるを得なかったのかを知るにあたり、これが同和案件であることを無視するのは不可避である。

関連:税金の無駄!野党議員らが関電本店にアポなし突撃→土曜日はお休みなので警備員のおじさんとお話をして帰る
関連:森友追及の福島伸享元議員「関電訪問は無意味なパフォーマンス、テレビカメラの前で有益な情報は得られない」緒方林太郎元議員「顔に私、目立ちたいですと書いてある」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で