表現の不自由展支持者「名古屋駅前でヘイトスピーチする河村市長の動画よ」→動画に差別表現が見当たらないと話題に

表現の不自由展支持者「名古屋駅前でヘイトスピーチする河村市長の動画よ」→動画に差別表現が見当たらないと話題に

 あいちトリエンナーレで『表現の不自由展』が再開されたことに抗議する街宣を行った河村たかし名古屋市長に対し、同展の再開に賛成するツイッターアカウントが「市長がヘイトスピーチを行っている」として動画を投稿したことが話題になっている。しかし、動画の中には差別的な表現が一切なく、どこがヘイトスピーチなのかという指摘が相次いでいる。


異なる思想はヘイトスピーチ?

 動画内での河村市長は「税金使ってやってる、皆さん一杯飲む金もないんですよ」と述べているだけで、いわゆるヘイトスピーチに該当する発言は一切ない。そういった指摘に対し投稿者は以下のように反論している。

添付した動画には含まれておりませんが、戦時下の日本政府による女性への人権侵害やや民族差別について議論する場を設ける、という趣旨で展示されている平和の少女像を否定するような発言もされていたので、ヘイトスピーチと書きました。

 ようするに歴史認識や思想が異なる河村市長の発言を「ヘイトスピーチ」と断定しているのだ。これこそ表現の自由を侵害するものであり看過できない物言いである。
 多くの人が不快に思う展示物を「表現の自由」で守るなら、河村市長の表現の自由も保証されなければならない。無論、この一般人の指摘程度では弾圧には当たらないが、差別表現である「ヘイトスピーチ」という言葉を軽々しくも都合よく使わないでいただきたいものだ。

関連:高須院長「河村市長の表現の自由は規制するのですか?」座り込みを批判する大村知事、こっそり削除で書き換えも発覚
関連:議場爆笑!立憲・枝野代表「報道・表現の自由が機能しない社会だ」→安倍首相「安倍政権に対する連日の報道、委縮している報道機関など存在しない」


【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で