朝日新聞が環境少女の害悪を記事にしてしまう「グレタさんの影響で18歳少女が子供産みません宣言」終末思想やんか


朝日新聞が環境少女の害悪を記事にしてしまう「グレタさんの影響で18歳少女が子供産みません宣言」終末思想やんか

 これはまるでオウム真理教が悪用した危険な終末思想ではないか。朝日新聞デジタルが21日に掲載した記事『「子どもを産みません」 18歳、宣言は自然を守るため』は理解し難い内容だ。

 カナダに住む18歳の少女が先月、熟慮の末にある宣言をした。「私は子どもを産みません」。カナダ政府が、気候危機への対策を取っていないことが理由だ。インターネットにホームページも立ち上げ、賛同の輪が広がっている。

 宣言したのはエマ・リムさん(18)。カナダ東部モントリオールの名門マギル大学で生物医学を学ぶ。リムさんは9月16日、政府が環境危機対策にしっかり取り組み、安全な未来を約束するまで、子どもをつくらないよう呼びかけるキャンペーン「#NoFutureNoChildren(未来がなければ子どももいない)」を立ち上げた。開始1カ月で、若者を中心に5千人以上が賛同した。

 リムさんが環境保護に目覚めたきっかけは、スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)の活動を知ったことだ。

 高校3年生だった昨年11月、グレタさんに触発され、毎週金曜日に授業を休んで政治家たちに気候危機対策に取り組むよう訴える「学校ストライキ」を始めた。「決して諦めない姿勢、そしてたった1人で世界を変えられることを、グレタさんに学んだ」
出典:「子どもを産みません」 18歳、宣言は自然を守るため:朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

環境少女とオウム真理教の共通点

 子供を産まないのは個人の自由だが、世界の終末のようなことを喧伝し賛同を求めるのは危険な宗教の類だ。朝日新聞はこれを無批判どころか肯定するような記事に仕立てている。
 グレタ・トゥンベリの弊害がこうやって世界に広がっていることこそ、マスコミが伝えなければならないことだ。この少女が発する言葉は攻撃的で、自分の言うことを聞かないと「世界は破滅する」と恫喝するのはオウム真理教とそっくりだ。オウム真理教は信じる者だけが救われる「ハルマゲドン」で信者を操り、その終末が予言通りに起こらないと自作自演の終末戦争をテロで引き起こそうとした。

 ノストラダムスの大予言もそうだった。どうせ世界は終わるから働かない、無茶をするといった人間が現れ害悪しかなかった。グレタという少女の言説を信じ込み、この先の世界では子供は育てられないという無意識の終末論に捉われ、子供を産まないという人類の終焉を煽る。

 マスコミこそ目を覚ますべきだ。メディアがオウム真理教を面白おかしく取り上げた結果、いったいどれだけの人命が奪われたか思い出せ。

関連:小泉進次郎セクシー発言はテレ朝の捏造!重要部分カット、テロップで印象操作→隣のコスタリカ外交官の発言でした
関連:【沖縄】出演CMの影響か?ローラの辺野古埋め立て反対の呼びかけ、TBCが海洋環境問題のCMに起用

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

革労協主流派の活動家を無許可貸金業で逮捕→森友告発の木村真市議がなぜか怒り出す「法治国家ちゃうね、ほんまに」過激派・革労協の活動家を無許可貸金業で逮捕→森友告発の木村真市議がなぜか怒る「法治国家ちゃうね、ほんまに」

TBSだけ!即位礼正殿の儀中継を途中でぶった切る!両陛下ご退出を待たずリポーターが登場→CM入れて別の話題へ不敬のTBS「即位礼正殿の儀」両陛下ご退出を待たず中継を終了!CM明けは何もなかったように別の話題へ





最近の記事

  1. 共産党女性市議を窃盗容疑で書類送検→「議員は続けたい」安保法制廃止を訴える元自衛官候補として話題になった人物
  2. 箕面市長がテレ朝・玉川徹のデマに抗議「風評や誤解を解いてきた努力を一瞬で踏みにじる報道」本人ではなく新人アナが謝罪→さらに炎上
  3. 立憲・山岸一生が捏造「総理を祝う会の案内状に異様な注意書き、撮影・SNSへの投稿は一切禁止」母校OB団体の祝賀会案内を切り取って無断公開
  4. 【写真】河井案里議員の選挙を見守る河井克行議員の姿 週刊誌掲載の県連・地検リーク情報を鵜呑みにしてはいけない
  5. 【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態
  6. 絶対に謝らない野党!民主党政権の桜を見る会招待者名簿は存在しない→「完成していた」ケータリングが安倍政権で一社独占→「民主党でも契約」
  7. 繰り返すブーメラン!蓮舫「カジノは不要」→民主党政権でカジノ合法化を進めた担当大臣が蓮舫
  8. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  9. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  10. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」



最近の投稿

PAGE TOP