柚木道義さん、無所属なのに立憲民主党所属と誤認させるポスター制作 国民民主党が選挙区に刺客擁立で焦りか?


柚木道義さん、無所属なのに立憲民主党所属と誤認させるポスター制作 国民民主党が選挙区に刺客擁立で焦りか?

 柚木道義衆院議員の新しいポスターデザインがインチキ臭いと話題になっている。
 柚木氏は国民民主党を離党し無所属であるが、でかでかと「立憲民主党」と書いている。虚偽の記載にならないよう、横に小さく「会派」と入れる姑息さが彼らしい。
柚木道義さん、無所属なのに立憲民主党所属と誤認させるポスター制作 国民民主党が選挙区に刺客擁立で焦りか?

 こんなポスター、ほとんど詐欺。会派とは国会内のグループであり、政党所属や公認候補ではない。

スポンサーリンク

人気にあやかる節操のない男

 とにかく人気取りしか考えない男である。
 2017年の衆院選では「民進党で出ても小選挙区で勝ちうる調査結果が出ている」と強気だったが、あっさりと希望の党に参加している。小池人気にあやかろうとしたのだろうが、選挙直前のゴタゴタで希望の党は大失速、柚木氏も選挙区で敗け比例復活となった。

柚木 道義さんの投稿 2017年10月9日月曜日

国民民主党から刺客を送られる

 国民民主党結党の際は無所属も考えたようだが結局は参加。しかし、立憲民主党に支持率で大きく引き離されると立憲を含む野党との協調路線を訴え党を批判、結党からわずか3か月で離党届を出すが、代表選の直前の無責任な振る舞いと判断され受理されず除籍処分となる。
 現在も無所属であるが、国民民主党は今年の6月、刺客として前県議の三宅和広氏を岡山4区に送り込んでいる。柚木氏が次の選挙で生き残るためには立憲から公認を受け、野党共闘を訴え国民の三宅氏を降ろすしかないのだ。また、立憲の岡山県連が候補者を模索しないようにしなければならない。柚木氏は「自分が立憲の岡山4区」と事前にアピールしておきたいのだろう。

 立憲会派は柚木氏だけでなく希望の党比例復活組である山井和則、小川淳也、寺田学を抱えている。
 この中では小川氏は国民結党に参加しておらず立憲内で役職の地位にある。共産党との関係も良好で公認は当確。寺田氏も国民の結党に参加しておらず円満に立憲会派入りしているので問題はなさそうだ。
 一方で柚木氏と山井氏は結党後の離党で除籍となっている。柚木氏は問答無用の反党行為だったので刺客が送られることが決定しているが、山井氏は6月の離党で国民京都府連のホームページでは京都6区の代表として掲載されたままだ。立憲との統一会派も実現したことから、これから刺客を送られることもなさそうだ。

 どう考えても柚木さんだけ大ピンチ。
 せいぜい頑張ってください。

追記:やっちゃってますね

関連:イキリ柚木道義「原さんにお伝えください。国会で議論しましょう」→本人登場「是非、免責特権のない証人喚問で」→柚木「・・・」
関連:また嘘の資料を提示!柚木道義議員「なぜ原英史、高橋洋一は国会招致したのに来なかった」→原氏「呼ばれてません」

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。→支援ページ 【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

鳩山由紀夫「韓国に抗議された、日本は過ちを犯した」高須院長「鳩山先生は韓国政府のスポークスマンなんですか?」鳩山由紀夫「韓国に抗議された、日本は過ちを犯した」高須院長「鳩山先生は韓国政府のスポークスマンなんですか?」

突撃!隣のシュレッダー「裁断を見る会」参加の山井和則「寒い!中に入れて!」池田真紀「びっくり100倍返し!」突撃!隣のシュレッダー「裁断を見る会」参加の山井和則「寒い!中に入れて!」池田真紀「びっくり100倍返し!」





最近の記事

  1. 検証!片山さつき議員が都知事選出馬を否定「そんな話、全くありませんよ!」日刊ゲンダイの捏造記事が発端か?
  2. 【動画】産経記者「委員長20年は長すぎるのでは?」志位「あのぅ・・・そうですねぇ、あの、あはっ(笑)」ちっちゃい声でしどろもどろ
  3. 今週の舛添さん「無党派票は自民党に行く」先週の舛添さん→「野党+無党派で48.6%だから政権交代は可能だ」
  4. 【選挙互助会】立憲民主党と国民民主党が結集しても政権交代が不可能な理由
  5. ノザキのコンビーフ転売に公式「まだ在庫ある。転売品買わないで」→定価以下でも売れなくなり転売ヤーが在庫抱える
  6. 立憲・安田真理さん「小国日本」と中国目線の蔑称を使い「自衛隊は米軍日本支部に変質しちゃう」志位委員長に共産党政権を望むメッセージ
  7. 東京新聞が訂正「夕刊に掲載した英国ヘンリー王子夫妻の写真は蝋人形でした」過去には時事通信が同じミス
  8. 東京新聞・佐藤圭記者が常磐線全線開通に難癖「利用するのはもっぱら東電廃炉・除染関係者だけ」事実無根と批判殺到
  9. 【対日有害活動】原口一博さん「中国は民主主義、共産党以外に党が6ある」中国共産党のお友達に教えてもらった模様
  10. 【日本共産党】3年で党員の5%が死亡と発表、党員減少の主因は老衰か?



最近の投稿

PAGE TOP