上昌広医師がソフトバンク関連会社の取締役というのはフェイクニュース SBIの「SB」はソフトバンクの略ではない


上昌広医師がソフトバンク関連会社の取締役というのはフェイクニュース SBIホールディングスの「SB」はソフトバンクの略ではありません

 政府の新型コロナウイルス対応に批判的な上昌広医師が、PCR検査の無償提供を示唆(撤回も示唆)した孫正義氏が率いるソフトバンクの関連会社取締役とする記事を配信している。まるで医師としての発言に利害関係があるかのような印象を受けるが、これは悪質なフェイクニュースである。

 SBIホールディングスの「SB」はソフトバンクの略ではありません。関係のない別会社であり、これは法的な措置をとられかねない事案。虎ノ門ニュースでも出演者から同様の発言があったようだが、早急に撤回しなければ厄介どころでは済まされないことになりそうだ。

 以下にサルでもわかるように解説しておく。

資本関係なく略称は別の意味

 指摘されている「SBIファーマ」はSBIホールディングス株式会社が株を80%以上保有する。残りの株はコスモエネルギーホールディングス株式会社が保有している。
参考:SBIファーマ株式会社 / SBI Pharmaceuticals Co., Ltd. | 会社概要

 SBIホールディングスの”SBI”とは “SoftBank Investment” ではありません。
 正しくは “Strategic(ストラティジック) Business(ビジネス) Innovator(イノベーター)” であり、わざわざ略称の意味まで変更した関係のない会社である。

 SBIファーマとSBIホールディングスを率いるのは、孫正義氏ではなく北尾吉孝氏である。ライブドアがニッポン放送を買収しようとした際に、ホワイトナイトとして登場した人物と言えば分かり易いかもしれない。設立当初はソフトバンク・インベストメント株式会社の商号で、2005年にSBIホールディングス株式会社に商号変更している。当初はソフトバンク・ファイナンスの子会社であったが、2006年には全株が売却されソフトバンクグループとの資本関係は無くなっている。

 10年以上前に資本関係が無くなり、称号の意味もソフトバンクから変更している会社を、あたかもソフトバンクの関連会社であるかのように流布しているのだ。SBIホールディングスがソフトバンクグループであるかのように誤認させ、孫正義氏への批判をSBIに向けるとともに、上医師の名誉を棄損する悪質なフェイクニュースだ。

 アノニマスポストは新型コロナウイルス関連だけでも複数回に渡り重大な誤情報を流している。そろそろ誰かが手を打たなければ取り返しのつかないことになるだろう。

関連:フェイクニュース「武漢から日本への入国に成功した中国人」→武漢ではなく広東省在住、アノニマスポストが創作
関連:【動画】立憲・塩村文夏が上昌弘医師に政府批判を誘導して大失敗!塩「一斉休校に科学的根拠はある?」上医師「根拠のないことを判断するのが政治家の仕事です」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

立憲・塩村文夏が上昌弘医師に政府批判を誘導して大失敗!塩「一斉休校に科学的根拠はある?」上医師「根拠のないことを判断するのが政治家の仕事です」【動画】立憲・塩村文夏が上昌弘医師に政府批判を誘導して大失敗!塩「一斉休校に科学的根拠はある?」上医師「根拠のないことを判断するのが政治家の仕事です」

【動画】加藤厚労相も苦言!山井和則さんが国会でデマ「和歌山県で安全宣言が出た!」「検査数が公表されていない」【動画】加藤厚労相も苦言!山井和則さんが国会でデマ「和歌山県で安全宣言が出た!」「検査数が公表されていない」

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP