蓮舫と小池晃「事務所に?なんで?」布マスクが配達地域指定郵便と知らず批判→独自のコスト見積もりも嘘だとバレる


 立憲民主党の蓮舫副代表は25日、議員会館事務所に政府が配布する布マスクが届いたことを写真付きで明かし「え?会館事務所に??なんで???」とツイッターに投稿した。

 布マスクが日本郵政の「配達地域指定郵便物」として発送されることは当初から公表されている。持ち込まれた郵便局の地域で配達可能な個所すべてに配達されるシステムである。当然ながら議員会館内は各議員事務所の郵便物宛先として利用されているので届く。
 この蓮舫氏の頓珍漢な投稿には日本共産党の小池晃書記局長も呼応している。


蓮舫が出した「見積」は何だったのか?

 蓮舫氏は4月9日に独自の見積もりとして布マスクの価格を公表している。

 あくまで予算であって、緊急の調達でコストは変動的であったにもかかわらず「1枚260円」として批判を展開しマスコミでも騒がれていたが、配達地域指定郵便を利用するということも加味されない「嘘」の見積もりであったようだ。

 国会で無駄話をしているくらいだから、政府が発表することなど聞く気もないのだろう。それでいて狂ったように政府を批判するデタラメさを露呈した投稿だ。

 配達地域指定郵便はセキュリティ完備の高層マンション密集地域だけを指定して配達依頼することも可能で、議員会館が配達先として漏れるわけがない。日本の郵便システムを舐めてもらっては困る。
 こんなレベルの人間が国会議員として政府に物申しているのは、百害あって一利なしである。テレビで得た知名度だけで当選しているのだから、当選後は国政の邪魔をしないように黙って静かにしていれば良いのだ。

関連:【動画】蓮舫が国会質疑中に無駄話でゲラゲラ笑い続ける醜態 森ゆうこは新型コロナのお悔みに親指立て「グッド!」
関連:おしゃべり蓮舫「今日から学校を一斉休校にするべきだった!宣言に躊躇はいらない!」→1か月前の蓮舫「休校要請はすぐに撤回すべきだ!」

OFUSEする

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

西村康稔経済再生相が自宅待機「症状もなく元気です」19日の東大病院視察に随行したコロナ対策推進室職員が感染

必読!辻元清美さんから大切なお知らせ「28日は私の誕生日、今年は予算委員会に缶詰めの誕生日です」還暦を迎える

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP