岡村隆史がラジオで「自粛後、かわいい子が風俗へ」イソ子「撤回しろ!」→高井崇志が風俗で「こんな可愛い子いないよ!白石麻衣に似てる」イソ子「・・・」


 ナインティナインの岡村隆史が24日放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、新型コロナの自粛について「コロナが収束したら、もう絶対面白いことある」「3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と発言したことで批判を浴びている。

 リスナーからの「コロナの影響で、今後しばらくは風俗に行けない?」とのメールに、岡村は「今は辛抱。『神様は人間が乗り越えられない試練は作らない』って言うてはりますから。ここは絶対、乗り切れるはずなんです」とコメント。

 さらに「コロナが収束したら、もう絶対面白いことあるんです」と希望を持っていうという。それは「収束したら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」と、風俗店に美女が入店する可能性が高いと持論を披露。

 岡村は「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。3カ月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」と予測。そのため「『え? こんな子入ってた?』っていう子たちが絶対入ってきますから。だから、今、我慢しましょう。我慢して、風俗に行くお金を貯めておき、仕事ない人も切り詰めて切り詰めて、その3カ月のために頑張って、今、歯を食いしばって踏ん張りましょう」と呼びかけていた。
出典:岡村隆史、風俗を自粛「神様は乗り越えられない試練は作らない」(SmartFLASH)

同じ「たかし」でも高井はスルー

 リスナーからの質問とは言え、救いようのない発言である。
 当然ながらフェミ界隈などから批判が殺到しているが、東京新聞の望月衣塑子記者もツイッターで「追い込まれ、風俗に身を投じざるを得ない女性の立場を全く分かっていない。撤回するべきだ。」「異常な発言」と厳しく糾弾している。

 一方で、緊急事態宣言下の歌舞伎町でセクキャバに通っていたことが報じられた高井崇志衆院議員(当時・立憲民主党)については全く批判はせず言及すらしていない。文春の報道によると高井議員は『こんな可愛い子いないよ』『まいやん(白石麻衣)に似てる!』と、指名した風俗嬢に言っていたそうだ。岡村隆史と同じ発言なのに、こっちの”たかし”は批判しないのだろうか?

 叩きやすい相手は容赦なく糾弾するが、野党議員の不祥事となると急に静かになる。
 いつものダブスタだ。

関連:東京新聞・望月記者が町山智浩のデマをパクツイ「外務省が安倍政権に批判的なSNS対策に24億円も予算を組んだことがワシントンポストに報じられた」
関連:【動画】東京新聞の望月記者が会見でトラブル「私は2問質問させて!ギャー!」幹事社の仲裁も聞かず声を荒げる醜態

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。 支援方法説明クレカ銀行振込定期購読
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で

必読!辻元清美さんから大切なお知らせ「28日は私の誕生日、今年は予算委員会に缶詰めの誕生日です」還暦を迎える

柚木道義議員「倉敷市長選、静岡4区補選、私も投票しました!」→静岡での投票権なし、市長選は期日前投票済で2度目の投票報告

SNS・RSSフォロー

最新の記事

人気の記事

定期購読マガジン&メルマガ




PAGE TOP