福島みずほ「裏を取らなければ国会で質問をすることもできません!」→いつも週刊誌のガセネタで質問してるじゃん

政治・社会

 社民党の福島瑞穂党首は5日の地方創生及び消費者問題に関する特別委員会で、公益通報者保護法の一部を改正する法律案について質問した際に、公益通報者が資料を持ち出し証明しても窃盗罪に問われる危険性があることを例に挙げ「内部通報を受けても資料を貰わないと判断出来ない。裏を取らなければ国会で質問をすることもできません」と発言する場面があった。

いつも週刊誌情報で質問している

 まさか福島氏の口から「裏を取らなければ」という発言が飛び出すとは。いつもはモリだカケだサクラだといって真偽不明の週刊誌情報で国会質問しているのに。毎度の如く「もしこれが事実なら」という前提で総理に辞任を求めていることなど、もうすっかり忘れてしまったようだ。

 福島氏をはじめ野党の面々は、総理には辞任を求めるのに自分たちが間違っていた時には何もなかったように次の「疑惑」を持ち出すという身勝手な国会質疑を続けている。自分たちで裏も取らず官僚に資料提出を求め罵倒し、何も出てこないと隠蔽だと騒いで審議拒否をしてサボる。

 いったいどの口で「裏どり」とか言っちゃってるんでしょうか?

関連:【動画】福島瑞穂さん「手足、無いのか?」国会で微妙な発言→官僚が忖度して質問の趣意を説明する事態に
関連:速報!社民党の福島瑞穂党首、大人気映画「マトリックス」を観たことをSNSで報告「人間が奴隷になる社会は嫌だ」

この記事の このエントリーをはてなブックマークに追加 追加と運営支援をお願いします。

【ご支援をお願いします】取材・調査・検証記事はコピペまとめサイトのような広告収入は期待できません。皆様からの支援が必要です。各種支援方法詳細
クレカ/Apple Pay/Google Pay銀行振込
【運営・執筆】竹本てつじ【転載について
このサイトを支援する

この記事が気に入ったら
いいね ! で応援しよう

Twitter で